養成事業

伝統芸能は、無形の技であり、人から人へと伝承されるものです。
日本芸術文化振興会では、国立劇場設立当初から、伝統芸能を長期的な視点に立って保存振興し、伝承者を安定的に確保するため、伝統芸能伝承者の養成事業に取り組んでいます。

お知らせ

  • 2020.04.01
    養成事業ページをリニューアルしました。

研修分野

歌舞伎俳優

歌舞伎音楽

大衆芸能

能楽(三役)

文楽

組踊

お問い合わせ

歌舞伎・大衆芸能研修について
国立劇場 養成課
〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
03-3265-710503-3265-7105(平日10:00~18:00)
能楽研修について
国立能楽堂 企画制作課養成係
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
03-3423-148303-3423-1483(平日10:00~18:00)
文楽研修について
国立文楽劇場 企画制作課養成係
〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
06-6212-552906-6212-5529(平日10:00~18:00)
組踊研修について
国立劇場おきなわ 調査養成課
〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4-14-1
098-871-3318098-871-3318(平日10:00~18:00)

養成事業