国立劇場

トピックス

8月「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」「音の会」出演者メッセージ!

「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」と「音の会」について

国立劇場では、伝統芸能の次代の担い手を養成するための研修を行っています。歌舞伎については、昭和45年に歌舞伎俳優の研修を始め、以後、歌舞伎音楽の竹本、鳴物、長唄の研修を行ってきました。養成事業は、今年50周年の節目を迎えます。これまでに多くの修了者が輩出されていて、舞台に欠くことのできない存在として活躍しています。

歌舞伎俳優研修修了者は、日頃の研鑽の成果を発表する場として「稚魚の会」を発足し、幹部俳優に直接入門した名題・名題下俳優を中心とする「歌舞伎会」とともに合同公演を行っています。また歌舞伎音楽の研修修了者も、その他の既成者とともに「音の会」を発足し、回を重ねています。夏の風物詩ともなりました熱気に満ちた舞台に、どうぞご期待ください。



「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」出演者から

市川新十郎
市川新十郎(平成2年3月第10期歌舞伎俳優研修修了。市川團十郎門下。)
只今世の中は、未知の相手に翻弄され、大変な状況になっております。これを吹き払い、一日も早く安心して過ごせることを祈念して、微力ながら力の限り勤めさせて頂く所存です。この様な中、私共に研鑽の場を与えて下さり、感謝の念で一杯です。「傾城反魂香」の浮世又平を勤めさせて頂きます。万全の対策を持って挑みます。
中村梅乃
中村梅乃(平成10年3月第14期歌舞伎俳優研修修了。中村梅玉門下。)
関係各位の皆様のご理解とご尽力によりまして、私たちにとっての貴重な勉強の機会を継続できたことに心から感謝しております。なにしろ五ヶ月ぶりの演技です。まずは鈍った体と勘を取り戻し、ご指導くださる旦那方の教えを守り、古典をしっかりと学びたく存じます。舞台再開の喜びを胸に、全身全霊で勤めます。
市川升三郎
市川升三郎(平成10年2月、市川團十郎に入門。)
舞踊劇「茶壺」は狂言を元にした作品で、基本の所作はもちろん軽妙さが求められます。楽に観られて、クスッと笑える、そんな舞台になればいいのですが。こちらの芸が覚束ないと観ている方は疲れてしまうでしょう 。心して稽古に励みます。三人の息が合うように、兄貴分として余裕なき余裕を作り出せれば幸いです。
中村梅寿
中村梅寿(平成27年3月第21期歌舞伎俳優研修修了。中村梅玉門下。)
この度、「修禅寺物語」の源左金吾頼家を勉強させて頂きます。「修禅寺物語」は研修生の頃澤村田之助先生に一番最初に教わった演目で人物一人一人の役柄や気持ちなどたくさんのことを教えていただきました。今のコロナによる不安な気持ちを吹き飛ばせるようなそんな舞台をお届けできればと思います。精一杯勤めます。

「音の会」出演者から

竹本樹太夫
竹本樹太夫(平成29年3月第22期竹本研修修了。)
今年度は歌舞伎「新版歌祭文」より「野崎村」を勉強させて頂きます。心中を決心する程のお染・久松の恋心。二人の心中を止めるため久松への思いを断ち切るお光。その父久作の娘への思い。それぞれの心の内を表現出来るよう勤めさせて頂きたいと思います。最後に新型コロナウィルスで皆様大変な思いをされていることと思いますが、少しでも皆様の心を癒せるよう頑張りたいと思います。
田中佐次郎
田中佐次郎(平成23年3月第14期鳴物研修修了。田中傳左衛門社中。)
長い自粛生活が続き、新しい生活様式が取り入れられる中演奏会が出来るということ、一同感謝が尽きません。誠にありがとうございます。今回鳴物の演し物として「外記猿」を勉強させていただきます。猿回しの曲らしく、軽やかで賑やかな演奏をお楽しみいただければと思います。
杵屋巳佐
杵屋巳佐(平成22年3月第4期長唄研修修了。尾上菊五郎劇団音楽部長唄。)
此度は長唄「石橋」を勉強させて頂きます。当たり前だった舞台上の日々が失われ早数ヶ月が経ちました。我々の様な職能を持つ者がこの様な状況で何が出来るのか、すべきなのかを考えた日々でありました。まずは心よりの感謝をもって演奏を勤めますので是非「音の会」にお越し下さいますようお願い申し上げます。


「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」「音の会」のPR動画を、日本俳優協会・伝統歌舞伎保存会公式YouTubeチャンネル「歌舞伎ましょう」からご覧いただけます。

「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」 出演者が意気込みを語ります!
 https://www.youtube.com/watch?v=99q2f_Np9z8


「音の会」 竹本の稽古風景の密着動画です。
 https://www.youtube.com/watch?v=Q0t0yXpXxOI
(動画共有サイトYouTubeへのリンクです)

昨年の舞台より

第25回「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」
第25回「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」
「一條大蔵譚」
第26回「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」
令和2年8月15日(土)~19(水)
詳細はこちら >
第21回「音の会」
第21回「音の会」
長唄・鳴物・義太夫「素襖落」
第22回「音の会」
令和2年8月22日(土)、23日(日)
詳細はこちら >