日本芸術文化振興会トップページ  > 養成事業  > 研修分野  > 大衆芸能(太神楽)

養成事業

大衆芸能(太神楽)研修

大衆芸能(太神楽)研修

太神楽は、もとは伊勢神宮や熱田神宮の神職が各地を回って獅子舞などを演じる神事芸能で、余技としての曲芸や茶番が次第に盛んになり、現在では寄席には欠かせない芸能となっています。

研修では、太神楽曲芸の基本である“立てもの”と“投げもの”を中心に、日本舞踊、長唄、鳴物、囃子など、寄席での活動に必要な技芸を習得します。

研修概要

研修目的
寄席の太神楽の演技者になるための基礎教育を行うことを目的とします。
応募資格
中学校卒業以上、原則として年齢23歳以下の者。
その他、独立行政法人日本芸術文化振興会及び協力団体が適当と認めた者
募集人員
若干名
選考方法
一般公募し、作文、簡単な実技試験、面接を行い選考します。
現在募集の予定はありません。
研修期間
3年間(全日制)※第7期実績
研修時間
原則として、月曜日から金曜日までの平日午前10時から午後6時まで。
研修場所
国立劇場(東京都千代田区隼町4-1)
研修内容
投げもの・立てもの・獅子舞・囃子・舞踊・長唄・寄席囃子・講義・実習(前座見習)・公演見学 他
適性審査
研修開始後8ヶ月以内に適性審査を実施します。
不合格となった場合は、研修生の身分を失います。
研修修了後
太神楽曲芸協会に入会し、同協会幹部の指導の下、国立演芸場や各寄席等に出演することになります。
その他
受講料無料、教材などは貸与及び支給します。
遠方からの研修生に対し宿舎の貸与制度があります。(審査有り、有料)
適性審査合格者には、研修期間中、伝統芸能伝承奨励費の貸与資格が与えられます。