日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > キッズミュージカルTOSU10周年記念公演

芸術文化振興基金

キッズミュージカルTOSU10周年記念公演

地域の文化振興等の活動 アマチュア等の文化団体活動

特定非営利活動法人鳥栖子どもミュージカル
助成金額  1,900千円

活動概要

 ミュージカルという表現活動を行うことにより、地域から質の高い文化を発信していくとともに子どもの健全育成を目的として、平成15年から毎年キッズミュージカルTOSUのオリジナル作品の公演を行っている。 参加者は、市内の小中学生を中心に公募し、約1年間の練習を重ねて舞台公演に臨んだ。 舞台衣装や小道具製作、本番の舞台進行、メイクや衣装転換等を保護者が担当し、大道具や舞台装置は卒業生や市民の有志が支える手作り舞台である。

 平成24年は、キッズミュージカルTOSU結成10周年で、その記念公演が平成24年度助成対象活動として採択され、平成24年12月16日博多座、平成25年2月16日、17日鳥栖市民文化会館で開催した。
 博多座では、荒れた学校がミュージカルを授業に取り入れたことで立ち直っていく「主役は、ワタシよっ♪ DELUXE」を、鳥栖市民文化会館では、キッズミュージカルTOSUのオリジナル作品を歌と踊りでつないだレビューショー「REVUE THE KIDS TOSU」の公演であった。
 この公演では、4月に募った新団員や、今までスタッフとして協力してくれた卒業生15名のうち12名も出演し、みんなで力を合わせて記念公演を盛り上げていった。
 初めての県外公演となった博多座は、九州で一番大きい福岡の芸術活動の中心地である。果たして自分たちの舞台が認められるか心配であったが、博多座からは、「レベルが高い、毎年来てほしい」とうれしい要望をいただいた。

 本番に臨むまでの、11か月間専門の講師から歌とダンス、演技のレッスンを受け、異年齢の子どもたちが協調し一つの作品を作り上げていった。子どもたちは、自ら努力する過程で自信をもち生きる力を身につけていく。
 大人たちの積極的な参加が地域にミュージカルという文化を定着させ、鳥栖から質の高い文化を発信していくうえで大きな支えとなっている。

「虹のアドレス」 クィーンを讃える歌
「虹のアドレス」 クィーンを讃える歌
撮影:森 智明

「主役はワタシよっ♪」 女王様
「主役はワタシよっ♪」 女王様
撮影:森 智明

 



助成を受けて

 助成を受けたことで、音響・照明等にも最善を尽くすことができ演出効果も上がり、10周年の節目の記念すべき芸術性の高い公演とすることができた。初の県外公演でも、これほどの劇団は少ないと絶賛され大成功とすることができた。

〒841-0051
佐賀県鳥栖市元町1228-2
特定非営利活動法人鳥栖子どもミュージカル
Tel:0942-55-1000
URL: http://kmtosu.jp/



その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら