日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > イラスト版 初春文楽かんげき日誌

国立文楽劇場

イラスト版 初春文楽かんげき日誌

下平 晃道

■下平 晃道(しもだいら あきのり)
イラストレーター、美術作家。1973年生まれ。東京造形大学彫刻学科卒業。2002年よりフリーランスのイラストレーター(Murgraph または下平晃道)として活動を始める。以後、広告、雑誌、装画、ウェブサイト、ミュージシャンやファッションブランドとコラボレーションした商品等のイラストレーション、ライブドローイングなどの仕事を手がけている。京都市在住。

(2019年1月21日第一部『二人禿』『伽羅先代萩』『壺坂観音霊験記』、
第二部『冥途の飛脚』『壇浦兜軍記』観劇)

文楽かんげき日誌 一覧に戻る
  • >国立文楽劇場開場三十五周年記念 通し狂言 仮名手本忠臣蔵
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内