日本芸術文化振興会トップページ  > 日本芸術文化振興会について  > 目的・事業

日本芸術文化振興会について

目的・事業

独立行政法人日本芸術文化振興会は、広く我が国の文化芸術の振興又は普及を図るための活動に対する援助を行い、あわせて、我が国古来の伝統的な芸能の保存及び振興を図るとともに、我が国における現代の舞台芸術の振興及び普及を図り、もって芸術その他の文化の向上に寄与することを目的としています。

独立行政法人日本芸術文化振興会では、文部科学大臣が定める中期目標、中期目標を達成するために策定する中期計画、及び事業年度毎に作成する年度計画に基づき、次の3つの事業を行っています。

1.文化芸術活動に対する援助
(1)芸術文化振興基金による助成金の交付
(2)文化芸術振興費補助金による助成金の交付
2.伝統芸能の保存及び振興
(1)伝統芸能の公開
(2)伝統芸能の伝承者の養成
(3)伝統芸能に関する調査研究並びに資料の収集及び活用
(4)劇場施設の貸与
3.現代舞台芸術の振興及び普及
(1)現代舞台芸術の公演
(2)現代舞台芸術の実演家その他の関係者の研修
(3)現代舞台芸術に関する調査研究並びに資料の収集及び活用
(4)劇場施設の貸与

1.文化芸術活動に対する援助

すべての国民が文化芸術に親しみ、自らの手で新しい文化を創造するための環境の醸成とその基盤の強化を図る観点から、平成2年3月に芸術文化振興基金が創設され、平成2年度から助成事業を開始しました。また、平成21年度より、文化庁の助成事業(文化芸術振興費補助金)のうち芸術団体を対象とするものが当振興会に移管され、芸術文化振興基金による助成と一体的に運用を行っています。(詳細については、芸術文化振興基金をご覧ください) 芸術文化振興基金及び文化芸術振興費補助金による助成金の交付対象活動は、毎年度公募を行い、審査の上で決定します。助成金の交付を適正に行うため、理事長の諮問機関として芸術文化振興基金運営委員会を設置しています。同運営委員会には、「舞台芸術等」「映像芸術」「地域文化・文化団体活動」及び「文化財」の4部会を置き、さらにその下に13の専門委員会を設置して、各分野の実情及び特性等を踏まえた審査を行っています。 ほかにも、文化芸術活動に対する援助事業の中核的拠点として、文化芸術活動へ助成を行う民間助成団体に関する情報を収集し、データベース化やホームページ等による情報提供を行っています。

(1) 芸術文化振興基金による助成金の交付

芸術文化振興基金は、政府からの出資金541億円及び民間からの出えん金112億円の合計653億円で成っており、その運用益により助成を行っています。対象となる活動は、以下の3つです。

  • • 芸術家及び芸術に関する団体が行う芸術の創造又は普及を図るための活動
  • • 地域の文化の振興を目的とする活動
  • • 文化に関する団体が行う文化の振興又は普及を図るための活動

(2) 文化芸術振興費補助金による助成金の交付

文化庁から文化芸術振興費補助金の交付を受け、それを財源として以下の活動に対し、助成を行っています。このうち、舞台芸術の創造活動への支援については、平成23年度から、芸術団体の経営努力のインセンティブがより働くよう助成対象経費を見直すとともに、芸術団体が継続的に活動を続けられるよう、年間の創造活動を総合的に支援する制度を導入しました。

  • • 我が国の舞台芸術水準を向上させる牽引力となっているトップレベルの芸術団体が国内で行う舞台芸術の創造活動
  • • 優れた日本映画の製作活動

ページトップへ

2.伝統芸能の保存及び振興

伝統芸能の保存及び振興は、国立劇場設立時から実施している中核的な事業であり、国立劇場国立演芸資料館(国立演芸場)国立能楽堂国立文楽劇場及び国立劇場おきなわの各劇場を拠点として、以下の4つの事業を総合的、一体的に実施しています。 なお、これらの事業のうち、国立劇場おきなわの運営業務については、公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団に委託しています。

(1) 伝統芸能の公開

各劇場において、歌舞伎、文楽、舞踊、邦楽、雅楽、声明、民俗芸能、大衆芸能、能楽、沖縄伝統芸能等多岐にわたる伝統芸能の公開を行っています。 公開については、周到な調査と準備を重ね、多種多様な演出や技法を尊重しながら、古典伝承のままの姿で、正しく維持、保存されるように努めています。例えば、歌舞伎や文楽は、物語の展開を理解しやすいよう、筋を通した通し狂言の上演に努めています。また、その他のジャンルの伝統芸能についても、廃絶演目や古典様式の復活など現代社会では商業的に興行することが困難な作品を取り上げるほか、様々な流派の作品を一堂に上演するなど、一般的にはあまり試みられることのないような公演を積極的に行っています。 伝統芸能の鑑賞者を増やすため、様々な工夫も行っています。例えば、能楽では、能一番、狂言一番による番組を原則とし、初めての人にも鑑賞しやすい形態をとっています。また、青少年や社会人等が低廉な価格で伝統芸能の魅力に触れることができるよう、歌舞伎、文楽、能楽及び組踊を中心に鑑賞教室を実施するほか、歌舞伎については、地方における鑑賞機会の充実にも努めています。

(2) 伝統芸能の伝承者の養成

伝統芸能は、無形の技であり、人から人へと伝承されるものです。そのため、当振興会では、国立劇場設立当初から、伝統芸能を長期的な視点に立って保存振興し、伝承者を安定的に確保及び養成するため、伝統芸能伝承者の養成事業に取り組んできました。 歌舞伎については歌舞伎俳優及び歌舞伎音楽(竹本、鳴物、長唄)の4課程、文楽については大夫、三味線及び人形の3課程、大衆芸能については寄席囃子及び太神楽の2課程、能楽についてはワキ方、囃子方及び狂言方の3課程、沖縄伝統芸能については組踊の立方及び地方の2課程を設け、各分野の実情を踏まえて伝承者を養成しています。 養成研修は、伝統芸能の実演家が講師として実技指導するほか、講義や発表会等のカリキュラムを組み、数年間をかけて行われます。研修修了者は、舞台出演の経験を重ね、伝統芸能の保存及び振興に大きな役割を果たしています。

(3) 伝統芸能に関する調査研究並びに資料の収集及び活用

古典伝承を踏まえた伝統芸能の公開のため、演出及び演技の向上に資する各種調査研究を進めています。上演資料集を刊行し、各種古文献や演劇書等を調査して復刻、翻刻するなど、広く普及啓発に努めています。 また、主催公演等の記録の作成、各種芸能資料の収集を行い、各劇場及び国立劇場敷地内の伝統芸能情報館に設置した展示室、視聴室及び図書閲覧室等で公開するほか、公演記録鑑賞会や公開講座等の普及活動を行っています。文化デジタルライブラリーでは、インターネットを通じて、教育用コンテンツ(舞台芸術教材)や主催公演の公演記録情報、錦絵等の収蔵資料の画像などを一般に公開しています。

(4) 劇場施設の貸与

劇場施設の利用については、主催公演や舞台整備等で必要な日を除き、各劇場の劇場及び稽古室を、伝統芸能の保存及び振興を目的とする事業等の利用に供しています。その際には、劇場業務及び舞台機構操作等スタッフ、舞台備品等の提供を行うとともに、舞台進行、照明デザイン、音響デザイン等について職員の技術協力を行っています。 詳細については、劇場施設を利用するをご覧ください。

ページトップへ

3. 現代舞台芸術の振興及び普及

オペラ、舞踊(バレエ、現代舞踊)、演劇等の現代舞台芸術に関しては、その拠点として新国立劇場を設置しています。新国立劇場の運営業務は、公益財団法人新国立劇場運営財団に委託しています。

(1) 現代舞台芸術の公演

新国立劇場では、主催公演として国際的に比肩しうる高い水準のオペラ、舞踊(バレエ、現代舞踊)、演劇等を自主制作により上演し、各年代、各層にわたる数多くの人々が広く現代舞台芸術に親しむ機会を提供しています。演目の決定及び制作は、オペラ、舞踊、演劇の各部門の芸術監督の責任と判断により行っています。 また、次代の観客を育てることを目的とし、低廉な料金で、青少年のための公演を行っています。オペラについては、鑑賞教室を新国立劇場及び関西地区で行っており、バレエについても新国立劇場で芸術鑑賞の機会を提供しています。

(2) 現代舞台芸術の実演家その他の関係者の研修

現代舞台芸術の人材育成についても、高い技術と豊かな芸術性を備えたオペラ歌手、バレエダンサー、演劇俳優等次代を担う実演家の研修事業を行っています。これらの実演家養成のため、国内外から招聘する経験豊富な講師による指導のほか、知識や教養を身につけるための講義等を行う多彩なカリキュラムを組み、プロフェッショナルとして通用する人材を輩出しています。

(3) 現代舞台芸術に関する調査研究並びに資料の収集及び活用

世界及び我が国における現代舞台芸術の上演や作品について調査を行い、関係資料を主催公演の充実等に活用するとともに、現代舞台芸術の理解の促進を図るため一般の利用に供しています。 新国立劇場内に設けられた情報センターでは、主催公演のプログラムや参考図書を閲覧できるほか、主催公演や他劇場の映像資料を視聴することができます。また、千葉県銚子市の舞台美術センターでは、大道具や衣裳等の舞台美術の保存及び管理を行い、併せて資料の公開を行っています。

(4) 劇場施設の貸与

主催公演等で使用する期間を除いた日については、現代舞台芸術の振興及び普及を目的とする事業等の利用に供しています。劇場施設の貸与に際し、入場受付や劇場内の案内、舞台技術スタッフの提供についても、国立劇場各館と同様のサービスを行っています。

ページトップへ