日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 鑑賞会・講座を調べる

伝統芸能情報館

鑑賞会・講座を調べる

1.伝統芸能講座のご案内

日程 不定期(年4回)
定員 120名(往復葉書による申込制。応募者多数の場合は抽選)
料金 無料
会場 伝統芸能情報館3階レクチャー室
お問い合わせ先 資料サービス課図書・資料係 TEL 03-3265-7061(直通)

第70回伝統芸能講座(伝統芸能情報館3階レクチャー室)【終了しました】

歌舞伎の悪ー舞台の創造ー

 歌舞伎の作品には公卿悪、実悪、色悪、悪婆など様々な「悪」の役柄があり、「殺し場」や「ゆすり場」などと呼ばれる場面で活躍します。歌舞伎は罪を犯し、反社会的に生きる登場人物たちを舞台でいかに魅力的に見せるか、創意工夫をしてきました。今回の講座では、伝統芸能情報館の企画展示「悪を演る―歌舞伎の創造力―」の監修者を講師にお招きし、この展示の列品を紹介しながら、代表的な悪の役々、悪を魅せるための化粧や衣裳・道具にみる歌舞伎の創造力についてお話しいただきます。

※「伝統芸能サロン」は今年度より「伝統芸能講座」に改称いたしました。

日時 平成30年7月27日(金)午後5時~ (午後6時30分終了予定)
※講座終了後、参加者に限り午後7時まで展示をご覧いただけます。
講師 吉田弥生(フェリス女学院大学教授)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)/受講無料
応募締切 平成30年6月29日(金)当日消印有効
応募方法

往復はがき1枚で1名様(重複応募分は無効)

往復はがきの往信裏に①ご住所②お名前③電話番号④講座の日付➄講座のタイトルを、返信表にご住所とお名前を明記の上、下記の宛先にご応募ください。

〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1 国立劇場資料サービス課「伝統芸能講座」係

※結果は返信はがきでお知らせします。お寄せいただいた個人情報は、今回の募集以外の目的では一切使用いたしません。



2.平成30年度上半期(平成30年4月~9月)公演記録鑑賞会

日時 毎月1回 午後1時開演(開場12時30分)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)
応募方法 往復はがきによる申込制。申込締切日は各回前月の10日(当日消印有効)。
詳細はこちら
料金 無料
会場 国立劇場伝統芸能情報館3階・レクチャー室
お問い合わせ 国立劇場視聴室 TEL03-3265-6479(直通)
回数日程申込締切日
(消印有効)
種別公演年月演目出演者
(○内は代数)
画像上映時間
450 4月13日
(金)
3月10日
(土)
文楽
(第114回)
平成8年
2月

近松名作集
「国性爺合戦」

竹本綱太夫⑨(後の源太夫⑨)
鶴澤清二郎⑤(現 藤蔵②)
吉田玉幸②
吉田簑助③
吉田玉男① 他
カラー 138分
451 5月11日
(金)
4月10日
(火)
歌舞伎
(第55回)
昭和48年
1月
「男伊達吉例曾我」 松本幸四郎⑧(後の白鷗①)
尾上松緑②
市村羽左衛門⑰ 他
モノ
クロ
58分
歌舞伎
(第277回)
平成24年
1月
「奴凧廓春風」 松本幸四郎⑨(現 白鸚②)
市川染五郎⑦(現 松本幸四郎⑩)
松本金太郎④(現 市川染五郎⑧)他
カラー 50分
452 6月8日
(金)
5月10日
(木)
声明
(第50回)
平成25年
11月
「天台宗総本山比叡山延暦寺の声明」
慈覚大師御影供
齊藤圓眞
天台宗総本山比叡山延暦寺法儀音律研究部
天台雅楽会
宗徧流四方庵
カラー 96分
453 7月13日
(金)
6月10日
(日)
文楽
(第152回)
平成17年
9月
「女殺油地獄」 豊竹咲甫太夫(現 織太夫⑥)
豊竹咲太夫
鶴澤清治
鶴澤寛治⑦
桐竹勘十郎③
吉田簑助③ 他 
カラー 127分
454 8月10日
(金)
7月10日
(火)
新派
(第1回)
昭和47年
6月
「滝の白糸」 水谷八重子①
中村吉右衛門② 他 
モノ
クロ
172分
455 9月15日
(土)
8月10日
(金)
歌舞伎
(第96回)
昭和54年
1月
<特別公演記録鑑賞会>
お話「『座摩社前』復活の意味」

「新版歌祭文」

織田紘二(独立行政法人日本芸術文化振興会顧問)

中村勘三郎⑰
中村勘九郎⑤(後の勘三郎⑱)
澤村藤十郎②
坂東玉三郎⑤ 他

カラー 45分
(予定)

138分

3.平成30年度下半期(平成30年10月~平成31年3月)公演記録鑑賞会

日時 毎月1回 午後1時開演(開場12時30分)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)
応募方法 往復はがきによる申込制。申込締切日は各回前月の10日(当日消印有効)。
料金 無料
会場 国立劇場伝統芸能情報館3階・レクチャー室
お問い合わせ 国立劇場視聴室 TEL03-3265-6479(直通)
回数日程申込締切日
(消印有効)
種別公演年月演目出演者
(○内は代数)
画像上映時間
456 10月12日
(金)
9月10日
(月)
邦楽
(第125回)
平成15年
10月

文楽素浄瑠璃の会
「双蝶々曲輪日記」
「義太夫を語る・弾く・聴く」

竹本住太夫⑦
野澤錦糸⑤
司会:高木浩志
カラー 55分
42分
457 11月9日
(金)
10月10日
(水)
文楽
(第92回)
平成2年
5月
「鳴響安宅新関」 竹本伊達太夫⑤
野澤喜左衛門③
吉田文吾⑤ 他
カラー 71分
文楽
(第162回)
平成20年
2月
「壺坂観音霊験記」

竹本住太夫⑦
野澤錦糸⑤
吉田簑助③
桐竹勘十郎③ 他

カラー 73分
458 12月14日
(金)
11月10日
(土)
舞踊
(第6回日本の舞踊の流れ)
昭和60年
3月
立ち回り比較公演
「蘭平物狂」
尾上辰之助① 他 カラー 22分
歌舞伎
(第135回)
昭和61年
1月
「天竺徳兵衛韓噺」

尾上辰之助①
河原崎権十郎③
中村又五郎②
坂東彦三郎⑧(現 楽善)
岩井半四郎⑩
坂東八十助⑤(後の三津五郎⑩)
中村芝雀⑦(現 雀右衛門⑤) 他

カラー 75分
459

平成31年
1月11日
(金)

12月10日
(月)
演芸
(国立演芸場第78回特別企画)
昭和60年
7月

東西落語二人会
「猫忠」
「付き馬」
「紙入れ」
「三十石」 

桂小文枝③(後の文枝⑤)
古今亭志ん朝③
カラー 122分
460 2月8日
(金)
1月10日
(木)
琉球芸能
(国立劇場おきなわ第4回普及公演)
平成21年
4月
社会人のための組踊鑑賞教室
「組踊の楽しみ方」
「高平良万歳」
「執心鐘入」
案内役:嘉数道彦
神谷武史、川満香多
宮城茂雄、親泊邦彦、金城清一、平田智之、呉屋智、金城真次、佐辺良和 他 
カラー 95分
461 3月9日
(土)
2月10日
(日)
歌舞伎
(第120回)
昭和58年
3月
<特別公演記録鑑賞会>
お話「『島鵆』と梅幸・羽左衛門」

「島鵆月白浪」

神山彰(明治大学教授)

尾上菊五郎⑦
市川海老蔵⑩(後の團十郎⑫)
尾上梅幸⑦
市村羽左衛門⑰
河原崎権十郎③ 他

カラー 30分
(予定)

154分