日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > R5.4 企画展「怪談物のつくりかた ─役者の芸と仕掛けの世界─」

伝統芸能情報館

情報展示室

 
 

 

企画展「怪談物のつくりかた ─役者の芸と仕掛けの世界─」

幽霊や、怪しい猫や狐たち。
舞台には、時々おばけが登場します。 それらは皆「ほんもの」ではなく、「つくりもの」のおばけです。

 つくりもののおばけを観客に見せ、こわがらせる芝居が怪談物です。生身の人間である役者たちは、おばけらしく見えるように、動きや表情を工夫し、外見を変えて舞台に立ちます。おばけが宙を飛び、グロテスクな姿に変身するなどの怪談物の名場面では、大がかりな道具や仕掛けも必要不可欠です。江戸時代から現代まで、役者の芸と仕掛けによって、視覚的効果の高い芝居がつくられてきたのです。

 本展は、観客席からは知りえない怪談物のつくりかたの一端を、多様な資料を用いてお見せする、国立劇場ならではの企画です。国立劇場所蔵の文献資料や、役者絵、手品に関する古文献のコレクションである「緒方奇術文庫」、「山本奇術文庫」の珍しい品々、舞台で使われる現役の道具や模型などを出品します。舞台の裏側や背景にふれた後は、ご自分でもおばけをつくることができる? かもしれません。

監修:横山 泰子(法政大学教授)

会期 令和5年4月22日(土)~ 8月20日(日)
開館時間 午前10時から午後6時
場所 国立劇場伝統芸能情報館 1階 情報展示室
休室日 令和5年7月1日 (土)
入場料 無料

シアタースペースの上演ラインナップはこちら

令和5年度日本博2.0事業(委託型)
主催:独立行政法人日本芸術文化振興会、文化庁

主な展示資料

主な展示資料のご紹介です。展示資料一覧(PDF)のダウンロードはこちらから。

第1章 舞台をつくる人々―役者と作者

小道具 蝦蟇の着ぐるみ(藤浪小道具株式会社所蔵)

錦絵「尾上菊五郎当り狂言合」歌川貞房

第2章 舞台をつくる道具と仕掛け

錦絵「百物語化物屋敷の図 林屋正蔵工夫の怪談」歌川国芳

古典籍『御狂言楽屋本説』

第3章 妖怪のつくりかた―玉藻前と化け猫を中心に

小道具 狐面(藤浪小道具株式会社所蔵)

錦絵「梅初春五十三駅」橋本貞秀

第4章 幽霊のつくりかた―四谷怪談を中心に

錦絵「東海道四谷怪談」三代目歌川豊国

錦絵「形見草四谷怪談」楊洲周延

第5章 おばけと遊ぶ、おばけで遊ぶ

古典籍『珎術さんげ袋』

古典籍『手妻早傳授』

 

 

伝統芸能情報館のご案内

所在地 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
TEL 03-3265-7411
最寄り駅 [地下鉄] 半蔵門線 「半蔵門駅」 下車
1・6番出口から 徒歩 約5分
有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」 下車
4番出口から 徒歩 約8分
2番出口から 徒歩 約10分