日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > <組踊上演300周年記念特別企画>第72回伝統芸能講座(伝統芸能情報館3階レクチャー室)

伝統芸能情報館

トピックス

第72回伝統芸能講座(伝統芸能情報館3階レクチャー室)
組踊上演300周年記念 琉球芸能へのいざない

 2019年は組踊が初めて上演された1719年から数えて300年を迎えます。組踊をはじめとする沖縄の伝統芸能は、悠久の歴史の中で育まれ、たゆみなく守り伝えられてきました。その魅力をより身近に親しみやすく感じていただけるよう、今回の講座は国立劇場おきなわ芸術監督の嘉数道彦氏、宮城流師範の宮城茂雄氏、琉球古典音楽野村流保存会師範の仲村逸夫氏を講師に迎え、琉球芸能300年の歴史とその魅力をお伝えします。

組踊上演300周年記念実行委員会共催事業  共催:公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団

日時 平成31年2月10日(日)午後2時~ (午後3時30分終了予定)
講師 嘉数道彦(国立劇場おきなわ芸術監督)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)/受講無料
応募締切 平成31年1月11日(金)当日消印有効
応募方法

往復はがき1枚で1名様(複数応募は無効) 往復はがきの往信裏に①ご住所②お名前③電話番号④講座の開催日⑤講座のタイトルを、返信表にご住所とお名前を明記の上、下記の宛先にご応募ください。

〒102-8656 千代田区隼町4-1
国立劇場資料サービス課「伝統芸能講座」係

  • ※結果は返信はがきでお知らせします。お寄せいただいた個人情報は、今回の募集以外の目的では一切使用いたしません。
  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報