日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 2022年度  > 【国立劇場くろごちゃんねる】「ふるさとの人形芝居 諸国人形めぐり」配信決定!

伝統芸能情報館

トピックス

【国立劇場くろごちゃんねる】「ふるさとの人形芝居 諸国人形めぐり」配信決定!

  第6回「国立劇場くろごちゃんねる」では、令和元年9月に大阪・国立文楽劇場の開場35周年記念公演として上演された「ふるさとの人形芝居 諸国人形めぐり」を配信します。

  民俗芸能の中でも人気の高い人形芝居を特集した公演で、全国各地より厳選した、その大きさや形態、遣(つか)い方もさまざまな5つの人形たちの活躍をご覧いただきます。

  またご覧いただく方には、解説PDFデータをプレゼントします!

配信期間

令和4年4月9日(土)10:00~5月1日(日)23:59

視聴期間

購入日を含む14日間

公演名

「ふるさとの人形芝居 諸国人形めぐり -遣い方のさまざま-」

演目名

八幡古表神社の細男舞・神相撲
大矢田のひんここ
小千谷の巫女爺人形操り
東二口文弥人形浄瑠璃
淡路人形芝居 『奥州秀衡有鬙壻』

出演

細男舞・神相撲保存会(福岡県吉富町)
大矢田ひんここ保存会(岐阜県美濃市)
横町屋台人形巫女爺保存会(新潟県小千谷市)
東二口文弥人形浄瑠璃保存会(石川県白山市)
淡路人形座(兵庫県南あわじ市)

視聴料金

1,500円(税込)
販売サイト

MIRAIL(ミレール) https://mirail.video/title/4930020

公演について

人形浄瑠璃文楽の発祥の地である大阪の国立文楽劇場開場35周年記念として行われた公演です。その記念公演にふさわしく、全国各地に伝わるさまざまな人形芝居より、選りすぐった5つの人形芝居を上演しました。
奈良時代にその起源を持つといわれる一人遣いの「八幡古表神社の細男舞・神相撲」、大きな人形が大蛇退治も物語を演じる一人遣いの棒人形の「大矢田のひんここ」、からくり操り人形と二人遣いの人形が一つの山車の上に並び、それぞれに舞を演じる「小千谷の巫女爺人形操り」、古浄瑠璃の文弥節の語りに合わせて演じる一人遣いの「東二口文弥人形浄瑠璃」、そして遠くの人にも見えるように大きな人形を三人で遣う「淡路人形芝居」をご覧いただきます。

  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 上演資料集
  • 心を、うごかそう。日本博