日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 「新収蔵資料展」のご紹介

伝統芸能情報館

トピックス

「新収蔵資料展」のご紹介



名称 「新収蔵資料展」
内容 国立劇場の伝統芸能に関する資料の収集事業は、多くの篤志家の方々のご協力を得ながら、徐々にそのコレクションを拡充してきました。本展示では、近年新たに収蔵された資料の中から歌舞伎・新派・文楽関係を中心に、貴重な品々をご紹介します。
会期 令和4年2月5日(土)~5月24日(火)
開館時間 午前10時から午後6時
場所 国立劇場伝統芸能情報館 1階 情報展示室
入場制限 25名以内 展示室内の混雑緩和のため
入場料 無料
※入場制限については、当面の間上記のとおりとさせていただきます。
詳細はこちらをご覧ください ≫
  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 上演資料集
  • 心を、うごかそう。日本博