日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 企画展示「国立劇場の養成事業-心と技を伝えた50年-」のご紹介

伝統芸能情報館

トピックス

企画展示「国立劇場の養成事業-心と技を伝えた50年-」のご紹介

名称 企画展示 伝承者養成事業50周年記念「国立劇場の養成事業-心と技を伝えた50年-」
内容 本年は、昭和45年(1970)に国立劇場が歌舞伎俳優の養成を開始してから50年の節目にあたります。これまで、我が国古来の伝統芸能の保存・振興のため、歌舞伎俳優、歌舞伎音楽(竹本・鳴物・長唄)、大衆芸能(寄席囃子・太神楽)、能楽(三役)、文楽、組踊の各分野で伝承者の養成に取り組んできました。事業開始から現在に至る養成事業の歩みと伝統芸能の中で果たしてきた役割について、研修で使われる各種教材や楽器、研修風景・研修発表会の写真やプログラム等の所蔵資料を通して紹介します。
会期 令和2年10月1日(木) ~ 令和3年1月27日(水)
開館時間 午前10時から午後6時
休室日 令和2年12月29日(火) ~ 令和3年1月2日(土)
場所 国立劇場伝統芸能情報館 1階 情報展示室
入場制限 25名以内 展示室内の混雑緩和のため
入場料 無料
※入場制限については、当面の間上記のとおりとさせていただきます。
詳細はこちらをご覧ください ≫
  •   
  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 歌舞伎演目の上演年表を公開
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報