日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 企画展示「歌川豊国 ―歌川派の役者絵―」のご紹介

伝統芸能情報館

トピックス

 企画展示 初代歌川豊国生誕250年記念「歌川豊国 ―歌川派の役者絵―」のご紹介

令和元年は、初代歌川豊国(1769~1825)の生誕250年にあたります。寛政時代(1789~1801)に東洲斎写楽・勝川春英らと役者絵の分野で頭角を現し人気を得た初代豊国は、国貞や国芳を筆頭に多くの弟子を育て、浮世絵の最大流派となる歌川派の礎を築きました。今回の展示では、国立劇場が所蔵する初代豊国とその弟子たちの錦絵を中心に、歌川派の役者絵の魅力を紹介します。
会期 令和元年10月2日(水)~令和2年1月27日(月)
開室時間 午前10時~午後6時(毎月第3水曜日は午後8時まで)
休室日 令和元年12月29日(日)~令和2年1月2日(木)
場所 国立劇場伝統芸能情報館 1階 情報展示室
※入場無料
  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報