日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【開場35周年記念】1月狂言の会が間もなく発売開始です!

国立能楽堂

トピックス

【開場35周年記念】1月狂言の会が間もなく発売開始です!

 1月の国立能楽堂狂言の会は、能と同時に上演される会では滅多にお目に掛かれない稀曲狂言を三番ご覧いただきます。しかも三番とも通常の国立能楽堂狂言の会同様、大蔵流、和泉流の異流異家による上演ですので、狂言の幅広い芸風をお楽しみいただけます。

 まずは、子方が大活躍する狂言「居杭」で幕開けです。清水の観音から授かった頭巾は、それを付けると何故か姿が見えなくなります。なにかというと何某から頭を叩かれる居杭が日頃のお返しにといたずら三昧。途中からは算置(陰陽師)も加わって大騒動となります。姿が見えないのをいいことに好き勝手に振る舞う居杭のかわいい様子が見どころです。今回は大藏宗家の親子孫三代による上演で、舞台には祝言の雰囲気も漂います。
 続いて上演されるのは、能のパロディとも言える舞狂言の名作「楽阿弥」です。夢幻能の形式を模して作られ、役名もシテ・ワキ・アイと呼んでいて、シテは面をつけて登場、地謡に合わせて自らの最期の有様を語り舞います。といっても狂言ですから、あまり深刻な内容ではなく、主人公の楽阿弥は尺八を吹きすぎて死んだ者というなんともおかしな設定です。これを真面目に演じるところに狂言のおかしみが生まれてきます。国立能楽堂では10年ぶりの上演です。
 掉尾を飾るのは、平成元年に国立能楽堂で復曲初演された「竹松」です。この狂言は、現存最古の狂言台本として知られる『天正狂言本』にあるものですが、『天正狂言本』では筋書きが記されるのみでしたので、『今昔物語集』や『古今著聞集』に登場する「大力の女」のイメージを借用するなどかなりの部分を創作して作られました。竹松という女性が祭で使う能の道具を借りた道中、山賊に襲われるという単純なストーリーながら、台本・演出には様々な工夫が凝らされ、とても楽しい作品に仕上がっています。国立能楽堂では実に20年ぶりに上演いたします。

 全く作風の異なる狂言を違う芸風でお楽しみいただく国立能楽堂ならではの狂言の会、どうぞご期待ください。

         
          「竹松」 平成元年12月23日 国立能楽堂研究公演

●公演の詳細はこちら
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内