日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 国立能楽堂ショーケースのご案内

国立能楽堂

トピックス

国立能楽堂ショーケースのご案内

 日本の豊かな自然を背景に人間の喜び、悲しみ、そして笑いを美しく描き出す能と狂言(能楽)。国立能楽堂ではこれまで能楽を見たことがない方にも是非この素晴らしい古典芸能に触れていただきたいと考えています。

 さらに、いよいよ来年に控える東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本を訪れる海外の方々にも、能楽を通して日本文化に親しんでいただく機会がより多く求められています。

 そこで、国立能楽堂では、来たる7・8月に「国立能楽堂ショーケース」を企画しました。能楽についての解説に続き、コンパクトにまとめた作品をご覧いただくという内容で、初めての方でも気軽に能楽に触れていただける公演です。皆様お誘い合わせの上、どうぞお出掛けください。


7月上演:能「小鍛冶」

8月上演:能「安達原」
※ともに、「能楽図絵二百五十番」(国立能楽堂蔵)より

●ショーケース7月公演の詳細はこちら
●ショーケース8月公演の詳細はこちら

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内