日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 2022年度  > 【第31回東京若手能】出演者メッセージ第一弾:澤田宏司さん(シテ方宝生流)

国立能楽堂

トピックス

【第31回東京若手能】出演者メッセージ第一弾:澤田宏司さん(シテ方宝生流)

能楽若手研究会東京公演「第31回東京若手能」を2月25日(土)に開催します。
これに関連して、出演者からメッセージをいただきました。
第一弾は、能「通小町」でシテを勤められる澤田宏司さん(シテ方宝生流)です。


 
澤田宏司

 今回の若手能で能「通小町」のシテを勤めさせていただきますが、実はこれが私にとって国立能楽堂での初めてのシテになります。
 橋掛の長さや舞台から見える景色など、事前によく確認して上手く舞台を使えるようにしたいと思います。特に通小町のシテの出では、無地熨斗目を頭から被って前屈みの状態で橋掛を歩みます。下しか見えないので、一の松の所で止まって正面を向く時に注意が必要だと思います。
 通小町のシテ深草少将は、小野小町に強い憎しみと執心を持っている男です。しかし憎悪を前面に出し過ぎるのは良くないと考えます。少将としての品位もどこかに残っていて、それが最後の成仏に繋がっていくのではないでしょうか。
 憎しみと恋慕と品格を、どんなバランスで演じるか。稽古を通じて深く追求して参りたいと存じます。

<澤田宏司 プロフィール>
シテ方宝生流 三重県出身
19世宗家宝生英照、20代宗家宝生和英及び故辰巳孝、辰巳満次郎に師事
日本能楽会員


「第31回東京若手能」は、国立劇場チケットセンターほかにて好評発売中です。
どうぞお見逃しなく!

番組

杜若(かきつばた)
シテ 坂 真太郎(観世流)
ワキ 舘田 善博(宝生流)
狂言
因幡堂(いなばどう)
内藤  連(和泉流)
通小町(かよいこまち)
シテ 澤田 宏司(宝生流)
ワキ 村瀨  提(福王流)
日時 2023年2月25日(土) 午後1時開演(開場正午)
場所 国立能楽堂 能舞台

公演の詳細はこちら

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 研修生募集
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内
  • 心を、うごかそう。日本博