日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】9月2日(水)国立能楽堂ショーケースで静嘉堂文庫所蔵の能面を使用しました

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】9月2日(水)国立能楽堂ショーケースで静嘉堂文庫所蔵の能面を使用しました

 

 東京都世田谷区の静嘉堂文庫美術館(河野元昭館長)では、令和2年10月13日(火)より、「能をめぐる美の世界 ~初公開・新発田(しばた)藩主溝口家旧蔵能面コレクション~」(協力:国立能楽堂)が開催されます。


 それに因み、9月2日(水)国立能楽堂ショーケースの能「安達原」(シテ方観世流 観世喜正)で、出品予定の能面「曲女(曲見・しゃくみ)」を使用しました。


 同展には、多彩な能面67面に18世紀後半当時の面袋、面箪笥に加え、能に関わる工芸品や書籍を展示予定とのことです。秋のひと時、大名家秘蔵の能面の数々をお楽しみください。


 静嘉堂文庫美術館
 「能をめぐる美の世界 ~初公開・新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクション~」
 会 期 :令和2年10月13日(火)~ 12月6日(日)
 休館日 :毎週月曜日(ただし11月23日(月・祝)は開館)、11月24日(火)
 開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
 入館料 :一般1,000円
      大学生及び障がい者手帳をお持ちの方(同伴1名含む)700円
      中学生以下は無料
 静嘉堂文庫美術館のWebページは こちら 


  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内