日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】9月20日定例公演で大津市の物産展が開催されました(次回は10月25日企画公演で!)

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】9月20日定例公演で大津市の物産展が開催されました(次回は10月25日企画公演で!)

9月20日定例公演では、能「蟬丸」にちなんで、滋賀県大津市小関町にある関蝉丸神社、そして大津市による物品販売が行われ、多くのお客様でにぎわいました。


びわ湖大津観光協会・株式会社しがトコ(滋賀県東京本部の首都圏ゆかり連携発信事業)のご協力により、大津市の特産物がたくさん店先に並びました。






能「蟬丸」ゆかりの関蝉丸神社からもご出展いただきました。


ご来場のお客様にも大変楽しんでいただきました。中には売り切れてしまった商品も…!


当日は、滋賀の良いものに首都圏で触れられる場所―「滋賀区」についてのご紹介もありました。
「滋賀区」とは? ホームページはこちら(クリックすると外部のサイトへ移動します)。


滋賀県は能に所縁の深い土地です。
10月25日(金)企画公演能「望月」の舞台でもあります。
こちらの企画公演でも滋賀県の物産展を開催予定です(出展者は変わります)。
能「望月」の舞台に思いを馳せつつ、ご当地の物産をどうぞお楽しみください!



●10月25日企画公演の詳細はこちら

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内