日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】新作狂言「鮎」が国立能楽堂に帰ってきます(5月22日狂言企画公演)

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】新作狂言「鮎」が国立能楽堂に帰ってきます(5月22日狂言企画公演)


 国立能楽堂 5月22日(金)狂言企画公演で再演される新作狂言「鮎」にご出演の狂言方和泉流野村萬斎さんへの取材がありました。
 新作狂言「鮎」は池澤夏樹さんの短編小説をもとに池澤さん自身が狂言台本を執筆、野村萬斎さんがシテをつとめて平成29年12月の国立能楽堂特別企画公演で初演されました。その後、全国各地で巡演され、久しぶりに国立能楽堂での上演が決定しました。このたびの「鮎」をはじめ、新作狂言を作る際の心構えや、ご自身が東京2020大会開閉会式チーフ・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターをつとめる東京オリンピック・パラリンピック競技大会にもお話が及びました。 

                   
                     インタビュアーの質問に答える野村萬斎さん(国立能楽堂研修能舞台にて)      



●5月22日狂言企画公演の詳細はこちら


  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内