日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】さわやかな季節を感じさせる能(5月17日定例公演)

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】さわやかな季節を感じさせる能(5月17日定例公演)


 5月17日(金)の定例公演では、賀茂神社の葵祭の時期に合わせて能「加茂」をご覧いただきますが、今回は特別な間狂言「御田」での上演で見逃せません。
 能の前半部でのシテとツレの女姿で語られるみずみずしい賀茂明神の縁起、間狂言の神主と早乙女達による神田での田植の神事、能の後半部の御祖神と別雷神の神々のレビューと、みどころが満載です。能・狂言の謡・舞・語それぞれの技が詰まった「加茂 御田」にどうぞご期待ください。


能之図(国立能楽堂蔵)より「加茂」


●公演の詳細はこちら

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内