日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】6月公演が間もなく発売開始です!

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】6月公演が間もなく発売開始です!

間もなく発売開始となる、国立能楽堂6月主催公演のラインナップをご紹介いたします。紫陽花の花の色が日ごとに深まる季節、皆様のご来場をお待ちしております。

5日(水) 定例公演  午後1時

薩摩守

天王寺参詣にやってきた無一文の僧に、茶屋の主人は渡し船にただで乗る秘策を教えます。船頭は秀句(洒落)が好きなので、「船賃は平家の公達、薩摩守」と言い、その意はと聞かれたら「忠度(ただ乗り)」と答えるよう教えますが、いざ船に乗ると、僧は肝心の「忠度」を忘れてしまい…。

藤栄

旅の僧が、芦屋の里で、貧しい家に一夜の宿を借ります。家の主の少年・月若は、僧に問われ、父の死後に叔父・藤栄に所領を横領されたことを語ります。実は僧は、身分を隠して民情視察する執権・最明寺時頼でした。最明寺は、仲間と舞い興じている藤栄のもとを訪れ、自らの正体を明かして懲らしめ、政道を正すのでした。

8日(土) 普及公演  午後1時

六地蔵

お堂に祀る6体の地蔵を作るため仏師を探しに都へやってきた田舎者。仏師のふりをしたすっぱ(詐欺師)が近づいてきて、明日までに六地蔵を作る約束をします。翌日、仲間を集めて、地蔵に化けて田舎者を迎えると、6体のはずの仏像が3体しかないことを問い詰められて…。

鵜飼

旅の僧が甲斐国の石和で、鵜使いの老人と出会います。僧は殺生禁断の教えを説き諭しますが、老人は今さら身に沁みついた生業はやめられないと答えます。従僧のひとりが、数年前にもこの地で鵜使いに一夜の宿を借り、同じように諭したことを思い出すと、老人はその男は密漁の罪で簀巻きにされ川に沈められたと言って、実は自分がその亡霊だと明かします。懺悔にと、鵜を使うさまを再現して見せ、老人は消え失せます。僧たちが弔っていると、閻魔大王が現れ、かつて宿を貸した功徳により鵜使いを極楽浄土へ送ったと告げて、法華経の功徳をたたえます。

21日(金) 定例公演  午後6時30分

察化

都に住む伯父を迎えにいくよう主人から頼まれた太郎冠者。伯父の顔を知らない太郎冠者は、悪名高いすっぱの察化を伯父だと思い込み、連れてもどってきます。穏便にお引き取り願おうと、主人は太郎冠者に自分の真似をして振舞うよう命じますが、どこまでも真似を続ける太郎冠者に、事態は悪化して…。

梅枝 越天楽

旅の僧が摂津国住吉で一夜の宿を借ります。質素な庵に不釣り合いな舞楽の太鼓や舞衣装を不思議に思ってたずねると、女主人は、かつて宮中での太鼓の役をめぐり楽人の富士と浅間が争い、富士が浅間に殺められたことを語ります。富士の妻は夫の形見の太鼓を打って心をなぐさめていましたが、ついにはかなくなったと言い、実は自分がその妻の亡霊だとほのめかして消えます。僧の弔いで妻の亡霊が形見の舞衣装に身を包んで現れ、夫を偲んで謡い、楽を舞うのでした。今回の小書・越天楽は、後場の見どころとなる楽において通常は入らない太鼓が入ります。観世流梅若家にのみ伝わる演出です。

24日(月)~28日(金) 能楽鑑賞教室  午前11時・午後2時

 

能楽鑑賞教室は学生・生徒の団体鑑賞を目的とした公演です。初心者に最適な名作を、解説及び公演プログラムの配布によりわかりやすくご鑑賞いただけます。一般のお客様も、この機会にどうぞ能楽の世界をお楽しみください。

文山立

二人の山賊が追剥ぎに失敗し、互いのせいだと言い張って果たし合いになりますが、どちらも臆病で決着がつきません。途中、ここで誰にも知られずに命を落としては犬死同然、せめて妻や子に書置きをと、手紙を書きはじめます。すると、妻子への思いに感極まったふたりは泣き出してしまい…。

船弁慶

兄・頼朝から疑われ、追われる身となった源義経は、愛妾・静御前を伴い摂津国大物浦に着きました。腹心の家来・弁慶は静を都へ帰すよう勧めます。名残の酒宴の後、義経一行が船出すると、にわかに海が荒れ出し、平知盛をはじめとする義経を恨む平家一門の怨霊が襲いかかってきます。ひるまぬ義経の盾となり弁慶が数珠をもんで応戦すると、怨霊たちは祈り伏せられ、やがて波間へと消えて行きました。

【文/氷川まりこ(伝統文化ジャーナリスト)】

●6月公演発売開始日
  • ・電話インターネット予約:5月9日(木)午前10時~
  • ・窓口販売:5月10日(金)午前10時~

  国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
  0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)
  https://ticket.ntj.jac.go.jp/

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内