日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】国立能楽堂ショーケース公演を開催しました。次回は8月!

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】国立能楽堂ショーケース公演を開催しました。次回は8月!


7月24~26日の3日間、国立能楽堂ショーケース公演を開催しました。

  国立能楽堂ショーケースとは…こちら

期間中は日替りで「能楽器(笛・小鼓)」「能・狂言の装束」「狂言面・能面」の体験コーナーを設けました。 


初日の笛や小鼓は、音を出すのが難しそうでしたが、先生方のアドバイスで良い音が出ると、参加された方々も嬉しそうな表情を浮かべていました。

 

2日目は海外からのお客様を含め多くの方が能・狂言それぞれの装束を羽織って撮影されていました。
写真はたまたま観に来て下さった落語家の柳亭市弥さん(左)と入船亭小辰さんです(右)!
狂言の装束をつけてくれました。

 

いずれの体験コーナーも、ご来場のお客様はとても喜んでくださいました。

そして、公演では狂言「伯母ヶ酒」と能「小鍛冶」を皆さまに楽しんでいただきました。

 

ショーケース公演は8月も25~27日の3日間に渡り開催いたします。
字幕付き(日・英・中・韓の4か国語)の公演ですので、海外からのお客様や初心者の方にもおすすめの公演です。

ぜひこの機会に国立能楽堂へ足をお運びください!皆さまのご来場を心よりお待ちしております。


●公演の詳細はこちら

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内