日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】復曲能「岩船」出演者への取材がありました(3月27日~28日特別企画公演)

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】復曲能「岩船」出演者への取材がありました(3月27日~28日特別企画公演)


 国立能楽堂3月特別企画公演 復曲能「岩船」にご出演されるシテ方観世流の大槻文藏さん、梅若実さんへの取材がありました。
 60年来のお付き合いというお二人に、「岩船」復曲にまつわる逸話や能を復曲することの意義、さらには能の面白さまで貴重なお話をお聞かせいただきました。
 国立能楽堂では、平成24年より作品の演出や解釈を新たな視点で捉え直す「再発見する」シリーズを上演しています。今回の「岩船」では、観世流では通常演じられない前場を復元、後場でも現行諸流では登場しない女神・天探女が登場するなど、新たな見どころが満載です。どうぞご期待ください。

                        
                           左より梅若実さん、大槻文藏さん(国立能楽堂研修能舞台にて)      


●3月27日~28日特別企画公演の詳細はこちら

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内