日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】復曲能「岩船」にちなみ小道具『船』の取材がありました(3月27日~28日特別企画公演)

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】復曲能「岩船」にちなみ小道具『船』の取材がありました(3月27日~28日特別企画公演)

 国立能楽堂 3月27日~28日特別企画公演では、復曲能「岩船」を上演します。これにちなみ、能の小道具である『船』の取材がありました。
 シテ方観世流の谷本健吾さんと安藤貴康さんに、わかりやすいご説明とともに、能「船弁慶」などで使われる船を実際に組み立てていただきました。
 「岩船」上演時にはどのような船が登場するか―、どうぞご期待ください。


船を組み立てる谷本健吾さん(左)と安藤貴康さん(右)

完成した船(手前)と能「国栖」などで使われる船(後方)
●3月27日~28日特別企画公演の詳細はこちら
●【東京新聞】掲載記事はこちら(クリックすると外部のサイトへ移動します)
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内