日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 2020 National Noh Theatre Showcase Performances()

国立能楽堂

トピックス

2020 National Noh Theatre Showcase Performances(2020年国立能楽堂ショーケースのご案内)

 The 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games will also be a festival of culture. The National Noh Theatre will present “Showcase Performances” for people from both overseas and within Japan who will visit Tokyo during the Games. We intend these performances to give beginners easy access to the enchantment of Noh and Kyogen. Performances will be relatively short, lasting around two hours, enabling visitors to experience Noh and Kyogen in a comfortable and enjoyable way.

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会は、文化の祭典でもあります。国立能楽堂ではこの機会に東京を訪れる国内外の多くの方々に能・狂言の魅力を身近に感じていただけるよう「ショーケース公演」を開催します。能と狂言をおよそ2時間で体感できるコンパクトな内容で、初めてご覧になる方でも気軽にお楽しみいただけます。


July 20-21 performance: Shojo (The Tippling Elf)
7月20日~21日上演:能「猩々」

July 22-23 performance: Tsuchi-Gumo(The Ground Spider)
7月22~23日上演:能「土蜘蛛」

July 25-26 performance: Hagoromo (The Feather Robe)
7月25~26日上演:能「羽衣」

August 26-27 performance:Kiyotsune(The Nobleman Kiyotsune)
8月26~27日上演:能「清経」

September 2-3 performance: Adachigahara (The Adachi Plain)
9月2~3日上演:能「安達原」

※Figures from Nogakuzue Nihyakugojuban, Collection of the National Noh Theatre
※「能楽図絵二百五十番」(国立能楽堂蔵)より

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内