日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【国立劇場×JASSO】外国人留学生・研究者の皆さんが歌舞伎を楽しみました!

国立劇場

トピックス

【国立劇場×JASSO】外国人留学生・研究者の皆さんが歌舞伎を楽しみました!

 国立劇場を運営する独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)と独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の相互協力に関する基本協定に基づき、JASSOが支援している外国人留学生・研究者の皆さんが、10月歌舞伎公演「平家女護島」を鑑賞しました。

 

歌舞伎鑑賞後、国立劇場ロビーのシンボル「鏡獅子」の前にて。みなさん笑顔です。

 

  10月21日、10月歌舞伎公演「平家女護島」に、国際交流の拠点としてJASSOが運営している「東京国際交流館」にお住まいの留学生・研究者とそのご家族を対象とした鑑賞会を行い、42名の方が参加しました。

  多くの方が初めての歌舞伎体験でしたが、国立劇場が提供した多言語ポータブル字幕機や多言語プログラムのサポートもあり、鑑賞後にはこのような感想をいただきました。

「とてもすばらしくて面白かった。日本の歴史がよくわかった。」(カザフスタン/20代)

「公演を観ていて俳優の努力が伝わってきた。日本文化を満喫できた。」(フィリピン/20代)

「舞台機構の動き、俳優の動作、照明、音楽、そして花道が客席を通っていることがとても印象深かった」(ポルトガル/30代)

「優雅な動作や美しい衣装など独創的な舞台だった。」(ポーランド/30代)

 

今回の体験は、日本の伝統芸能・文化に興味を持ち、また、理解をより深める機会となったようです。これからも相互協力協定に基づくイベントを実施し、より多くのJASSOが支援する学生・留学生の皆さんにご参加いただく予定です。日本の伝統芸能・文化を体験し、その魅力を広く発信するパートナーとなることを願っています。  

 

◆◆◆  

 

JASSOとの相互協力に関する基本協定についてはこちら

JASSOホームページ

東京国際交流館ホームページ   

 
  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 研修生募集中
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A