日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【9月文楽】解説!!『仮名手本忠臣蔵』からたどる『増補忠臣蔵』の魅力【後編】

国立劇場

トピックス

【9月文楽】解説!! 『仮名手本忠臣蔵』からたどる『増補忠臣蔵』の魅力【後編】


 9月文楽公演第一部『増補忠臣蔵』の魅力について、深く関連する名作『仮名手本忠臣蔵』のストーリーをたどりながら解説しています。


《解説・前編はこちら》




九段目「山科閑居の段」前半
 許婚である大星力弥を追って京・山科にある大星家の閑居を訪れた加古川本蔵の娘・小浪とその母・戸無瀬。大星由良助の妻・お石に対して嫁入りを願いますが拒絶されます。二人が自害を覚悟したところに虚無僧姿となった本蔵が現れます。




娘の幸せを願う父の、最後の策略
 本蔵の首を引き出物として差し出せば祝言を認めると言う由良助の妻・お石に対し、放埓を重ねる由良助、そして力弥までをも嘲笑する本蔵。手向かうお石を組み伏せた本蔵を、槍で突いた力弥がとどめを刺そうとすると、そこへ由良助が現れ力弥を制します。

 本蔵は真意を語ります。本蔵は、自らの行動が図らずも師直の罵倒の対象を判官へと向けさせてしまったこと、そして判官が刀を抜いた時、師直が死ななければ大事に至らないだろうと考えて判官を留めたが、結果的に切腹となってしまったことを一生の過ちだと悔恨します。それが娘の縁談の障害となった今、自分の命を差し出して罪滅ぼしとし、嫁入りの許しを得ようと力弥の槍を受けたと語るのでした。

 

 

大星由良助 お石 大星力弥


 由良助は本蔵の願いを聞き入れます。そして由良助も本蔵に対し、師直を討った後は他の主君に仕えず死ぬという覚悟を示します。また、お石が力弥と小浪の祝言を受け入れなかったのも、小浪が嫁入りしてすぐ後家になってしまうことを慮ってのことだったのです。
 瀕死の本蔵は、嫁入りの引き出物として師直の屋敷の絵図を渡し、息絶えるのでした。

 本蔵が由良助に渡した師直の屋敷の絵図は、塩谷家家臣が師直を討ち取る上で重要な役割を果たすものです。それを何故本蔵が持っていたのか。また本蔵が虚無僧姿で登場したのは何故か。その訳を描いたのが『増補忠臣蔵』です。


桃井若狭之助と加古川本蔵の主君の絆を描く『増補忠臣蔵』「本蔵下屋敷の段」
 「山科閑居の段」の前に戻りますが、本蔵の行動が起こしてしまった悲劇の三つ目が、主君若狭之助が“へつらい”武士と世間から軽蔑されてしまったことでした。お家断絶は免れたものの、本蔵は主君の顔に泥を塗ることになってしまったのです。

 「本蔵下屋敷の段」は、『仮名手本忠臣蔵』三段目「殿中刃傷の段」の後、九段目「山科閑居の段」の直前の話として、若狭之助と本蔵に起きたいきさつを明らかにした場面です。

 本蔵が賄賂を贈ったことで“へつらい”武士として世間の軽蔑を受ける羽目になった若狭之助は激怒し、本蔵に屋敷への蟄居を命じており、本蔵は成敗されると専らの噂です。若狭之助には妹の三千歳姫がいますが、三千歳姫に横恋慕しているのが桃井家家臣・井浪伴左衛門です。伴左衛門は若狭之助を亡き者にし、三千歳姫を手に入れようとしていたため、本蔵は策を講じようとしますが、ついに若狭之助の前に引き出されてしまいます。


「本蔵下屋敷の段」


 本蔵はどのようないきさつで京・山科を訪れるに至るのか。毒殺を謀られた若狭之助と三千歳姫の運命は? 本蔵が山科に虚無僧姿で現れた理由や、高師直の屋敷の絵図を手に入れるに至る経緯も含め、全てこの「本蔵下屋敷の段」で明かされますので、ここからはぜひ実際の舞台をご覧ください。
 また『増補忠臣蔵』では、若狭之助の人物造形も興味深いところです。『仮名手本忠臣蔵』では短慮な主君として描かれた若狭之助ですが、『増補忠臣蔵』ではどのように描かれているか、このあたりも注目してご覧ください。




ちなみに「虚無僧」とは
禅宗の一派の普化宗(ふけしゅう)の僧のこと。剃髪をせず、「天蓋」と呼ばれる編笠をかぶり、袈裟をかけ、尺八を吹いて喜捨を請いながら諸国行脚の修行をしていました。江戸時代、罪を犯した武士は普化宗の僧となれば、刑をまぬがれたと言われています。帯刀した虚無僧は、おのずから元武士であることを想起させたことでしょう。本蔵が虚無僧姿をして山科閑居を訪れたのもこのような背景があったためだと思われます。




高師直の屋敷の絵図 虚無僧衣一式



◆◆◆



■時代を超えて楽しまれる忠臣蔵の魅力
 忠臣蔵は今も昔も圧倒的な人気を誇り、文楽や歌舞伎、講談などの芸能はもちろん、映画、ドラマなどで取り上げられ、人々を楽しませてきました。最も親しまれた作品である『仮名手本忠臣蔵』の三段目と九段目の間にあったエピソードとして作られた『増補忠臣蔵』。明治時代に作られた作品ですが、物語に大きく関わる加古川本蔵と桃井若狭之助にあったいきさつを見事に描いています。作品同士の関係を知ることで、二つの作品への理解が一層深みを増すことでしょう。「山科閑居の段」をすでに観た方もそうでない方も、その背景を知ることで楽しみが広がるのではないでしょうか。

 『仮名手本忠臣蔵』の名場面の前日譚である『増補忠臣蔵』。名作をさらに深く味わうことのできる珠玉の一幕です。ご期待ください!

チケット好評販売中!特設サイトはこちらから


 

 

 

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 研修生募集中
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A