日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 東京メトロ半蔵門駅で国立劇場監修の発車メロディが導入されました

国立劇場

トピックス

東京メトロ半蔵門駅で国立劇場監修の発車メロディが導入されました

 9月13日より、東京メトロ半蔵門駅の発車メロディに、国立劇場が監修した曲が導入されました。
 「発車メロディ」とは、電車が発車する際に「乗車を促すためのサイン」として鉄道各社が設けているもので、各駅ゆかりのメロディなどが使われています。
 このたび、半蔵門駅の発車メロディの選定にあたっては、「国立劇場のある街=半蔵門」により一層親しみをもっていただきたい、という思いから、歌舞伎や文楽でよく知られる2曲が選ばれました。

 押上方面ホームに採用されたのは、文楽の「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」。天下泰平や五穀豊穣への祈りが込められた縁起の良い曲で、国立劇場の開場記念公演や周年記念公演などの節目でも上演されてきた歴史があります。

■ 寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)
音源提供: 株式会社スイッチ

 一方、渋谷方面ホームに採用された曲は、「てんつつ」です。歌舞伎の黒御簾音楽として、耳にされたことがある方もいらっしゃるかもしれません。駅のにぎわいにもマッチするリズミカルなテンポが特徴的で、劇場へ向かう足取りも軽くなりそうです。

■ てんつつ
音源提供: 株式会社スイッチ

 実は、半蔵門駅構内には、発車メロディ以外にも東京メトロと国立劇場とのコラボレーションで生まれた壁面装飾も設置されています。この壁面装飾は、国立劇場の紋章と、校倉づくりの外観をイメージした模様をモチーフにデザインされました。国立劇場へは、渋谷方面の改札を出て、この装飾を目印に、エスカレーター・エレベーターが設置された6番出口からお越しいただくのがおすすめです(写真入りのルート案内はこちら)。

 これからも国立劇場では、「国立劇場のある街=半蔵門」により親しみをもっていただけるよう、様々な取組を展開して参ります。

※東京メトロのニュースリリースはこちら(外部リンク)をご覧ください。

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A