日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【5月文楽】『通し狂言 妹背山婦女庭訓』の【第一部】予告編動画を公開!

国立劇場

トピックス

5月文楽公演『通し狂言 妹背山婦女庭訓』の【第一部】予告編動画を公開!

 国立劇場5月文楽公演は、文楽の本拠地・大阪国立文楽劇場の開場35周年記念、平成から改元した最初の文楽公演として、皇族や公家の世界を描く王代物の傑作『妹背山婦女庭訓』を、通し狂言として上演します。

 中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣(藤原)鎌足が、大豪族・蘇我入鹿を武力によって排除し、天皇中心の新政を行った歴史的な事件「大化の改新」を題材として、大和地方に点在する名所旧跡や伝説を巧みに取り入れており、複雑な伏線と鮮やかな謎解きが、洗練された義太夫の演奏によって進行し、舞台一面に日本の美しい四季が展開する豪華な大作です。
 東京では15年ぶりの通し上演となる今回、物語の発端に当たる大序「大内の段」を98年ぶりに復活し、一日がかりで総力を挙げて取り組みます。

   ◆『通し狂言 妹背山婦女庭訓』【第一部】予告編



 【第二部】予告編はこちら。王朝ロマンに彩られた大作の全容をどうぞお見逃しなく!

5月文楽公演チケットは4月7日(日)予約開始!
公演詳細はこちら

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A