日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【2月文楽】くろごちゃんと行く!2月文楽公演ゆかりの地訪問(?)記

国立劇場

トピックス

くろごちゃんと行く!2月文楽公演ゆかりの地訪問(?)記

(⌒v⌒):こんにちは。ぼく、くろごちゃん! みんな~、今年もよろしくね。

付き人:こんにちは~、付き人でーす。今年もくろごちゃんと一緒に伝統芸能について勉強していきますので、よろしくお願いします。

 

(⌒v⌒):新年最初は、2月文楽公演のゆかりの地を紹介するよ!

付き人:いつもは現地に行くけれど、今回は出張費がでなくて……

(⌒v⌒):…付き人さん、ちょっと裏に行こうか……

 

(  しばしお待ちください。  )

 

(⌒v⌒):気を取り直して、この地図を見てごらん。江戸時代の大阪だよ。    


増脩改正攝州大阪地圖(国立国会図書館蔵)
 

付き人:へぇ~。大阪って川が多かったんだね。いくつも橋がかかっていたのがわかるよ。でもこの地図だと、どこがどこだか分らないよ(◎_◎;)

(⌒v⌒):そんな付き人さんのために。じゃんっ!!!  


大阪市略地図  

   

付き人:おお!こ、これは……! どこの地図?

(⌒v⌒):_(┐「ε:)_ズコーー。
付き人さんは関東出身だもんね。分からないのも無理はないね。これは僕が描いた大阪市の略地図だよ。そしてこちらが大阪府の略地図。

 

 


大阪府略地図 

   

付き人:へー!大阪市ってもっと広いと思ってたよ。この市内を中心に色々な作品の元となる事件が起きていたんだね。ところで、この地図上に振ってある番号は何?

(⌒v⌒):この番号がある場所が、2月文楽で上演する『心中宵庚申』、『摂州合邦辻』、『女殺油地獄』のゆかりの地なんだよ。

付き人:(これは想像力が試されるな……)

(⌒v⌒):①は、『心中宵庚申』の主人公・八百屋半兵衛の妻・お千代の実家がある上田村(現在の京都府相楽郡精華町植田)だよ。半兵衛は、遠州浜松(現在の静岡県浜松市)出身で父親の法事で故郷に帰っていて、その帰りに上田村に寄ったんだ。

付き人:たまたま立ち寄ったお千代の実家でびっくりすることが起きてるんだよね!

(⌒v⌒):続く、「八百屋の段」の舞台である②の新靭油掛町(現在の大阪市西区靭本町2丁目付近)は、塩干魚や鰹節など乾物を扱う問屋が集まっていた場所らしいよ。

付き人:今の地図でみると靭公園という公園が近くにあるんだね。

(⌒v⌒):このあと「道行思ひの短夜」で③の生國魂(劇中では生玉)神社まで夫婦で死出の旅に出るんだ。正確には、二人が心中したのは神社の馬場先にあった大仏勧進所というところだけどね。


道行思ひの短夜(平成20年5月公演より) 

付き人:道のりとしては4kmくらいかな? 今の舗装された道なら徒歩で1時間くらいだけど、死を覚悟した半兵衛と身重のお千代の二人にとっては、どれほどの長さに感じられたのかな……。

付き人:USJに行けないのは残念だけど、地図で行くゆかりの地も楽しいね! もっと教えてー!

 (⌒v⌒):(付き人さん、ゆかりの地よりUSJに行きたいんだな……)
④は、第二部『摂州合邦辻』に出てくる合邦辻閻魔堂(現在の大阪市浪速区下寺3丁目)。この閻魔堂の西側にある細い道と逢坂という坂の道が交わるところが合邦辻で、劇中では玉手御前の父親の”合邦”という名前が、「合邦辻」の名前のもとになったということになっているんだよ。

付き人:登場人物の名前が地名の由来になっているってこと?

(⌒v⌒):劇中ではの話だけどね。本来の由来は諸説あって、聖徳太子がこの地で仏教の受け入れに反対する物部守屋とこの地で「合論」、つまり双方の法について比べあったので、「合法」から合邦辻というようになったとも言われているんだよ。


合邦住家の段(平成25年2月公演より) 

付き人:へぇ~!なんだか歴史の重みを感じるね。

 (⌒v⌒):第三部『女殺油地獄』の「徳庵堤」は、野崎参りの道中での出来事として描かれているんだけど、この⑤が、徳庵堤(現在の東大阪市稲田上町、JR徳庵駅付近)だよ。昔はこの辺りに川があって、野崎まで船でも行けたんだって。作中に船で行くか、歩いていくかの描写があるから注目してみて。


徳庵堤の段(平成26年5月公演より) 

付き人:ところで、その”野崎参り”って何?

(⌒v⌒):大阪府大東市野崎に、野崎観音と呼ばれるお寺があるんだけど、野崎参りはこのお寺に参拝することだよ。

付き人:お参りが娯楽って、なんだか趣があっていいね♪

(⌒v⌒):本当だね。続く「河内屋の段」以降は、また大阪市内の⑥本天満町(現在の大阪市中央区伏見町2~3丁目付近)に舞台が移るよ。ここに与兵衛の実家河内屋や、お吉の豊島屋があったとされているんだ。

付き人ここで、あの惨劇が起こるんだね。



(⌒v⌒)
:大阪まで行くことは出来なかったけど、どうだったかな?

付き人:うん! 色々と想像できて、楽しかったよ!舞台となった場所の位置関係や背景がわかると、作品がもっと身近に感じられるね。今度、観光がてら、ゆかりの地を巡ってみようかな。 
   

~2人は、まだみぬ大阪のたこ焼きに思いを馳せるのでした~ 
    

(⌒v⌒):2月文楽公演は好評販売中だよ! みんな観に来てね~。

付き人公演期間中はロビーがいつもより賑やかになりますよ。劇場の雰囲気も合わせてお楽しみください!

(⌒v⌒)
:付き人さん、よく出来ました! はい、お好み焼き。

付き人
:(たこ焼きじゃないのか~いっ) これからも…モグモグ…頑張ります!
 

2月文楽公演は、10日(土)から26日(月)まで
第一部:午前11時開演/第二部:午後2時30分開演/第三部:午後6時開演

好評販売中!
国立劇場チケットセンターはこちら
 

公演詳細は↓↓↓   

 

 

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 2018年夏休み親子企画 歌舞伎・舞踊邦楽・演芸・能・狂言・文楽
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A