日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 2022年度  > 【養成課】令和4年度合同開講式を開催しました!

国立劇場

令和4年度合同開講式を開催しました!

国立劇場では、伝統芸能の次代の担い手を養成する「伝統芸能伝承者養成事業」を行っています。本日、第31期文楽研修、第27期歌舞伎俳優研修、第25期竹本研修、第9期長唄研修、第8期太神楽研修の合同開講式を開催しました。
伝統芸能に対する志を持って今日という日を迎えた新研修生を、温かい目で見守っていただけましたら幸いです。

なお、第18期鳴物研修生は現在もご相談受付中です。鳴物や歌舞伎に興味をお持ちの方や、新しいことにチャレンジしてみたい方からのお問合せをお待ちしております。


《メールでのお問合せ・個別相談のお申し込みはこちら》
各種メールサービスが起動します。

○合同開講式の様子
新研修生

誓詞

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 舞踊を語る
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A