日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 国立劇場「雅楽」VR動画(360度映像) インターネット配信のお知らせ

国立劇場

トピックス

国立劇場「雅楽」VR動画(360度映像)インターネット配信のお知らせ


  平安時代に興隆し宮廷貴族に愛好された「雅楽」。多様な楽器の織り成す音楽は、現存する世界最古のオーケストラとして広く知られています。このたび国立劇場では、最新のVR技術を用いて、雅楽の演奏を収録しました。はじめて雅楽に親しむ方も、鑑賞経験の豊富な方も、きっと新たな発見をすることができるでしょう。VR動画でしか味わえない、雅楽の魅力をぜひご堪能ください!





今回のVR動画は、中央に設置したカメラ・マイク1台から360度全方位の映像・音声を収録したもの。地球儀のようなこの1台に、いろんな方向を向いた複数のカメラ・マイクが組み込まれています。そのため、視聴者はまるでこのカメラ・マイクの位置に立って演奏の輪の中に入っているかのように、好きな方向の映像や音声を楽しむことが可能となります。ご自身が好きな奏者・楽器を選択的に見ることができるというVR動画ならではの体験が味わえます。



ふだん雅楽に親しみのない方も、この動画を見れば雅楽を身近に感じられることでしょう。どのような楽器編成で、合奏の仕方や音楽の特色はどのようなものなのか?演奏の輪のなかに入ることで、見えてくる世界が広がっていきます。ご自宅のパソコンから気軽にアクセスし、悠久の調べをご堪能ください。

▽イープラス販売ページ
《越天楽》
https://eplus.jp/gagaku_etenraku/
《陪臚》
https://eplus.jp/gagaku_bairo/
《胡飲酒 破》
https://eplus.jp/gagaku_konju/

※動画をご覧いただくには「視聴チケット」のご購入が必要です。
※配信期間中、いつでもお好きなタイミングで動画をご覧いただけるオンデマンド配信です。

----------------------------------------------------------------------------
[新制作] オリジナルコンテンツ
国立劇場「雅楽」VR動画(360度視聴)
----------------------------------------------------------------------------
  ここでは、雅楽を代表する演目を3曲撮影しました。
管絃《越天楽》《陪臚》と舞楽《胡飲酒 破》です。


【越天楽】えてんらく
唐楽、平調(ひょうじょう)。
曲の由来は不詳で、中国起源とも、あるいは平安時代に日本で作曲されたとも言われる。平調のほか、盤渉調(ばんしきちょう)と黄鐘調(おうしきちょう)の渡物(わたしもの、移調曲)もある。 優美で歌いやすい旋律を持ち、中世には「越天楽今様」、近世には福岡県民謡「黒田節」、近代には近衛秀麿の交響曲など様々な作品に引用され、時代を超えて親しまれている。雅楽を代表する曲の一つ。




【陪臚】ばいろ
唐楽、平調(ひょうじょう)。
舞楽の場合は右方舞に属する。管絃では、2拍子と4拍子を交互に繰返す早只拍子(はやただびょうし)というリズムで演奏される。林邑楽 (りんゆうがく) に属し、婆羅門僧正(ばらもんそうじょう)と林邑僧仏哲(りんゆうそうぶってつ)が736年日本に伝え四天王寺の楽人に教えたと言われている。戦勝を予祝する逸話も多数残っており、聖徳太子はこの曲を奏して軍を破り、八幡太郎義家は出陣の際に演奏して勝利を収めたという。




【胡飲酒 破】こんじゅ は
唐楽、左方、壱越調(いちこつちょう)。
胡国の人の酒に酔った姿を模した舞といわれる。一説には林邑僧仏哲(りんゆうそうぶってつ)が日本に伝え、承和年間(834~848年)に楽は大戸清上(おおとのきよかみ)、舞は大戸真縄(おおとのまなわ)が改作したと伝えられている。舞人は頭に長い髪のついた赤茶色の大型の面をつけ、太い桴(ばち)を持ち、朱色の裲襠(りょうとう)装束を着ける。笛と太鼓、鞨鼓(かっこ)による前奏曲「古楽乱声(こがくらんじょう)」を伴奏に登場し、「序」と「破」の2楽章を舞う。今回は「破」のみ演奏する。






▽イープラス販売ページ
《越天楽》
https://eplus.jp/gagaku_etenraku/
《陪臚》
https://eplus.jp/gagaku_bairo/
《胡飲酒 破》
https://eplus.jp/gagaku_konju/


【関連リンク】
・文化デジタルライブラリー
https://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc22/index.html
・音のVR
https://time-space.kddi.com/otonovr/
  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A