日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 11月歌舞伎公演第二部、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に対するPCR検査結果、陰性のお知らせ

国立劇場

トピックス

11月歌舞伎公演第二部、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に対するPCR検査結果、陰性のお知らせ


11月22日、歌舞伎公演第二部の出演者1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明したため、その濃厚接触者の片岡仁左衛門ほか出演者及び舞台スタッフ計9名について、管轄の保健所によりPCR検査が実施されました。その結果、全員陰性であることが確認されましたので、ご報告いたします。国立劇場では、改めて出演者・スタッフの感染防止対策を徹底してまいります。

今後も、お客様ならびに出演者・スタッフの安全・安心を最優先に、感染拡大防止に取り組んでまいりますので、皆様には、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(令和2年11月27日)

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A