日本芸術文化振興会トップページ  > 国立演芸場  > 演芸資料展「百の顔を持つ男、波多野栄一」のご紹介

国立演芸場

トピックス

演芸資料展「百の顔を持つ男、波多野栄一」のご紹介

名称 演芸資料展「百の顔を持つ男、波多野栄一」
内容  没後25年を迎える、百面相芸人・波多野栄一を国立演芸場所蔵の「早変わり金色夜叉」などの舞台道具で、その独特な芸を紹介します。
会期 平成30年12月1日(土)~平成31年3月24日(日)
時間 午前10時~午後5時
休室日 12月21、25~31日
1月1、8~10、22~25、27~31日
2月22、25、26、28日
3月21、22日
場所 国立演芸場1階・演芸資料展示室
入場料 無料
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金