日本芸術文化振興会トップページ  > 国立演芸場  > 演芸資料展「江戸の名どころ噺めぐり」のご紹介

国立演芸場

トピックス

演芸資料展「江戸の名どころ噺めぐり」のご紹介

 

名称 演芸資料展「江戸の名どころ噺めぐり」
内容 現在、江戸時代の言葉でいう「流行病(はやりやまい)」と向き合いながら、新しい生活様式で過ごす日々が続いています。行楽シーズンに遠出できないこともあり、テレビや書籍等では、写真や映像を通して日本を見つめ直そうという特集も少なくありません。
今回の展示では、落語に縁のある江戸・東京の名所を、国立劇場に収蔵されている貴重な錦絵や演芸資料でめぐります。展示を見ながら、改めて落語の楽しさを感じ、ちょっとした旅気分を味わっていただければと思います。
会期 令和3年8月1日(日)~11月23日(火・祝)
時間 午前10時~午後5時
休室日 8/23~31
9/21・22・24・29・30
10/22・24・27・28
11/22
場所 国立演芸場1階・演芸資料展示室
入場制限 8名以内 展示室内の混雑緩和のため
入場料 無料

※休室日は公演の都合により変更になる場合がございます。
※入場制限については、当面の間上記のとおりとさせていただきます。

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金