日本芸術文化振興会トップページ  > 国立演芸場  > 演芸資料展 榎本健一没後50年記念「エノケン」開室のご案内

国立演芸場

トピックス

演芸資料展 榎本健一没後50年記念「エノケン」開室のご案内

国立演芸場 演芸資料展示室では、本日6月5日より演芸資料展 榎本健一没後50年記念「エノケン」を開室しました。
2020年は戦前、戦中、戦後と、昭和の時代を颯爽と駆け抜け、日本を笑いの渦に包みこんだ喜劇俳優・榎本健一(1904-1970)の没後50年にあたります。榎本健一は「エノケン」の名で親しまれ、才能豊かな仲間たちとともに、これまでにない新しい喜劇を創りつづけました。
今回の展示では、没後50年を記念して、ご家族から寄贈された資料を中心に、舞台で実際に使用された台本や楽譜、往時の劇場プログラムや貴重な写真を通して、エノケンの軌跡を紹介します。
当面の間は、 開館時間、休室日及び入場制限については、当面の間下記のとおりとさせていただきます。
詳細はこちらをご覧ください ≫
会期 令和2年6月5日(金) ~ 令和2年11月23日(月・祝)
開館時間 午前11時から午後4時  
休室日 土曜日・日曜日・7月1日(水) 
場所 国立演芸場1階・演芸資料展示室
入場制限 5名以内 ※展示室内の混雑緩和のため
監修 原健太郎(大衆演劇研究家)
入場料 無料

【展示紹介映像】榎本健一没後50年記念「エノケン」

【公開期間】令和2年11月23日(月・祝)17:00まで

おうちでカンゲキ!!》伝統芸能ホームシアター《
https://www.ntj.jac.go.jp/topics/top/2020/299.html
「国立劇場」公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/NationalTheatreTokyo


展示室の様子
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金