日本芸術文化振興会トップページ  > 国立演芸場  > 甘酒と笑いで夏を元気にのりきろう!国立演芸場・甘酒無料配布のお知らせ

国立演芸場

トピックス

甘酒と笑いで夏を元気にのりきろう!国立演芸場・甘酒無料配布のお知らせ

梅雨明けまであとわずか、いよいよ夏到来です。
昨年は記録的な猛暑のなか、国立演芸場の8月定席公演にご来場のお客様へ甘酒(ノンアルコール)を無料でお配りいたしました。
ご好評につき今年も8月定席公演にて無料配布を実施いたします!!
上席は8月5日(月)と7日(水)、中席は8月16日(金)昼・夜公演にお配りいたします。

 

最近はテレビのCM等で健康食品として取り上げられる甘酒。スーパーなどでは、冷やして飲む甘酒が出回るようになりましたが、もともとは夏にいただく温かい飲み物として江戸時代から愛飲されていました。天秤棒を担いで売り声をあげる甘酒売りはこの季節の風物詩として巷で広く知られ、やがては甘酒が夏の季語となったほどでした。
お配りする甘酒は米麹から作られています。お米のデンプンが麹によって分解されてできるブドウ糖が独特の甘みを引き出します。また、アルコール分0%ですので、お酒が苦手な方やお子様でも召し上がれます。
 

ご提供は昨年に引き続き、寛永二年(1625年)創業、金沢の福光屋です。
国立演芸場では、新年2日の「新春国立名人会」初日開演前に樽酒をふるまうのが吉例となっておりますが、こちらが同社の銘酒「加賀鳶」であることがご縁となり今回の運びとなりました。

 


                       昨年はこちらの商品をみなさまにご賞味いただきました。

 

8月の国立演芸場は、上席は金原亭馬生、中席は三遊亭圓楽がそれぞれトリをつとめます。
ぜひこの機会に8月定席公演に足をお運びいただき、夏の涼をお楽しみください。

 

公演情報
8月上席:https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/engei/2019/38.html?lan=j
8月中席:https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/engei/2019/49.html?lan=j

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金