日本芸術文化振興会トップページ  > 国立演芸場  > 令和元年度第21回大衆芸能脚本募集【漫才・コント】選考結果

国立演芸場

トピックス

令和元年度第21回大衆芸能脚本募集【漫才・コント】選考結果

 国立演芸場では、「大衆芸能脚本募集」事業として落語、漫才・コント、講談、浪曲の4部門から毎年1部門ずつ新作脚本の募集を行っています。
 今回の【漫才・コント部門】では88編の応募があり、選考の結果は以下の通りです。

入選作品
   優秀作 「政治と正義」            坂下 泰義
   佳  作 「近代的地獄」              川原 正憲
          「モンスターになれる」       古田 淳

入選作品とは別に、将来を期待・嘱望される応募者に以下の通り奨励賞を贈ります。

   奨励賞 「使用上の注意をよく読んで」  重田 善文
             「疑惑のファーストクラス」     藤丸 紘生

選考委員
     青空 球児     (漫才師、漫才協会会長)
     太田  博     (演芸評論家)
     佐藤 かんじ    (放送作家、漫才協会文芸部長)
     和田 尚久      (放送作家、文筆家、基金部伝統芸能・大衆芸能非常勤プログラムオフィサー)
                                          (50音順)

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金