日本芸術文化振興会トップページ  > 国立演芸場  > 演芸資料展 「寄席で見る・聴くー紙切りと寄席囃子ー」のご紹介

国立演芸場

トピックス

演芸資料展 「寄席で見る・聴く-紙切りと寄席囃子-」のご紹介

名称 演芸資料展 「寄席で見る・聴く-紙切りと寄席囃子-」
内容 今回の展示では、寄席芸として欠かせない「紙切り」と、高座を支える「寄席囃子」の魅力に迫ります。新作も含めた紙切りの作品やはさみ、初代林家正楽新作落語台本などの関連資料のほか、公演記録や寄席囃子の演奏風景の写真を展示してそれぞれの芸を紹介します。
会期 令和元年7月27日(土)~令和元年11月23日(土・祝)
時間 午前10時~午後5時
休室日 7月29、31日
8月21~23、 26~31日
9月24、25、30日
10月22~24、28、31日
11月21、22日
場所 国立演芸場1階・演芸資料展示室
入場料 無料
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金