日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 平成30年度 国立劇場文楽賞・文楽協会賞 各賞の受賞者が決定しました

国立文楽劇場

トピックス

平成30年度 国立劇場文楽賞・文楽協会賞
各賞の受賞者が決定しました

●第38回(平成30年度) 国立劇場文楽賞

     
〈文楽大賞〉
桐竹勘十郎
〈文楽優秀賞〉
吉田玉助
〈文楽優秀賞〉
竹本織太夫
  
〈文楽奨励賞〉
豊竹靖太夫
〈文楽奨励賞〉
鶴澤寛太郎
〈文楽特別賞〉
鶴澤寛治

●平成30年度 文楽協会賞

     
〈太夫の部〉
豊竹希太夫
〈三味線の部〉
野澤錦吾
〈人形の部〉
吉田玉彦


贈賞式は、4月6日(土)文楽公演 第1部『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』「本蔵松切の段」終演後、幕間に国立文楽劇場舞台上で行います。

◆4月文楽公演の詳細はこちら

※文楽技芸員のプロフィールにつきましては、文楽協会ホームページ(外部サイトへのリンク)をご覧ください。

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内