日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 第119回文楽のつどいを開催しました<国立文楽劇場友の会>

国立文楽劇場

トピックス

第119回文楽のつどいを開催しました<国立文楽劇場友の会>

12月18日(火)に国立文楽劇場友の会会員イベントとして、「第119回文楽のつどい」バスツアーを開催しました。

今回は、初春文楽公演第1部『壺坂観音霊験記』の上演にちなみ、舞台となった壷阪寺に参詣し、作品にゆかりの深い場所を巡りました。バスの車内では文楽研究の高木浩志氏を講師にお迎えし、解説を伺いました。

西国観音霊場6番札所として信仰を集めている壷阪寺は8世紀の初めに創建された古刹です。この日は観音様のご縁日「納め観音」の日に当たっており、壷阪寺に到着すると、まず大講堂で常盤勝範住職の法話を伺いました。境内にある「壷阪茶屋」で昼食をいただいたあと、境内にある「お里沢市投身の谷」の周辺を散策したあと、重要文化財の礼堂で勤められた「納め観音」の法要に参列しました。この日は「子島荒神像」の開帳もあり、作例の少ない珍しい秘仏を拝観することもできました。

壷阪寺を後にし、お里・沢市夫婦が暮らしていた土佐町にむかい、高取藩の城下町の風情が残る町並みを散策しました。信楽寺にあるお里・沢市の墓所にお参りし、夫婦の愛情を描く文楽の世界に想いを馳せました。

文楽のつどいは、国立文楽劇場友の会の会員限定イベントです。
国立文楽劇場友の会の会員の方には、チケットの割引や会報の送付などの特典がございます。皆様のご入会をお待ちしております。
詳細はこちらからご覧ください。
  • >国立文楽劇場開場三十五周年記念 通し狂言 仮名手本忠臣蔵
  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内