日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 2022年度  > 【常設展示「文楽入門」企画コーナー】文楽座の歴史II 開催中です!

国立文楽劇場

トピックス

【常設展示「文楽入門」企画コーナー】「文楽座の歴史II」開催中です!

 国立文楽劇場1階資料展示室では、常設展示「文楽入門」の企画コーナーにて「文楽座の歴史II」を開催中です。

 今回の「文楽座の歴史II」では、松竹に経営が譲渡された明治42年(1909)以降の文楽座の関連資料を展示しています。「一枚番付」「道頓堀文楽座緞帳製作記念(縮作)」「竹本摂津大掾銅像(小原型)」「三代竹本越路太夫旧蔵見台」「名庭絃阿弥改名寄書」「吉田文五郎旧蔵かしら」など貴重な品々をご覧いただけます。また、1-2月に開催した「文楽座の歴史I」の様子も映像で紹介しております。

 さらに、一般社団法人人形浄瑠璃文楽座発行のリーフレット『文楽座命名150年/人形浄瑠璃「文楽座」の歩み』を資料展示室と4月文楽公演期間中は文楽劇場2階ロビーでも無料配布中です。ぜひ手に取ってお持ち帰りください。

 文楽座命名から150年に当たる今年、4月文楽公演のご観劇と併せて、文楽の歴史に思いを馳せてみませんか。ご来場をお待ちしております。(5月22日(日)まで)

◆◆◆

令和4年4月文楽公演(4月13日(水)休演、24日(日)まで)好評上演中!
4月文楽公演

↓チケットのご購入はコチラ↓
インターネット予約

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内
  • 心を、うごかそう。日本博