日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 【文楽プレミアムシアター】「義経千本桜 渡海屋・大物浦の段」(S59/4)予告編公開!

国立文楽劇場

トピックス

【文楽プレミアムシアター】「義経千本桜 渡海屋・大物浦の段」(S59/4)予告編公開!

 往年の名舞台を、オンラインでご覧いただける文楽プレミアムシアター。3月は国立文楽劇場開場記念公演「義経千本桜」から「渡海屋・大物の浦の段」を配信します。
 その予告動画を公開いたしました!

◆◆◆

 尼崎・大物浦を舞台に繰り広げられる、敗者の因果の物語。幼帝を守り、一門の仇を報いんとする孤高の武将の運命やいかに……!?

 切場を勤めるのは竹本津太夫と竹澤團七、渡海屋銀平 実は 中知盛を遣うのは初代吉田玉男です。

―――後白波とぞ なりにける―――

どうぞお見逃しなく!

◆◆◆

配信期間: 3月1日(火) 午前11時 ~ 3月7日(月) 午後11時59分
(再配信:3月15日(火) 午前11時 ~ 3月21日(月・祝) 午後11時59分 *再配信も別途チケットが必要です)
 ※視聴チケットの販売期間はいずれも配信修了の1日前までです。
配信サイト:イープラス「Streaming+(ストリーミングプラス)」 ≪https://eplus.jp/bunraku-st/≫(外部サイト)
視聴料金:3,000円(税込)

主な配役
 口 豊竹松香太夫         鶴澤浅造(五代)
 中 豊竹咲太夫            鶴澤清介
 切 竹本津太夫(四代)    竹澤團七

〈人形役割〉
 娘お安 実は 安徳天皇:吉田玉英
 女房おりう 実は 典侍局:吉田文雀
 武蔵坊弁慶:吉田玉幸(二代)
 相模五郎:桐竹一暢
 渡海屋銀平 実は 中納言知盛:吉田玉男(初代)
 九郎判官源義経:吉田玉松(三代)   他

あらすじ等詳細はコチラ→〈【文楽プレミアムシアター】第四回「義経千本桜」

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 研修生募集
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内
  • 心を、うごかそう。日本博