日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 【国立文楽劇場友の会】第126回文楽のつどいを開催しました

国立文楽劇場

トピックス

【国立文楽劇場友の会】第126回文楽のつどいを開催しました

3月20日に国立文楽劇場友の会 会員イベント「文楽のつどい」を開催しました。

第126回の開催となった今回は、4月文楽公演第3部での「嬢景清八嶋日記」を上演にちなみ、令和元年11月に国立劇場で上演した歌舞伎公演「孤高勇士嬢景清-日向嶋-」の公演記録上映会を行いました。

上映にさきだって、イヤホンガイドの髙橋解説員による、作品の背景や歌舞伎と文楽との違い、見どころなどの解説を行い、その後「孤高勇士嬢景清-日向嶋-」より四幕目 日向嶋浜辺の場と日向灘海上の場をご覧いただきました。

ご参加のお客様からは「4月文楽公演への関心が高まった」「作品について新たな知識を得ることができた」など大変ご好評いただき、作品の興味を深めていただく機会となりました。


国立文楽劇場友の会では会員向けイベントの開催のほか、チケットの先行予約や入場料金の割引など各種特典をご用意しております。 詳しくは下記ページをご覧ください。

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内
  • 心を、うごかそう。日本博