日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 【期間限定】「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」を無料公開!

国立文楽劇場

トピックス

【期間限定】「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」を無料公開!

国立文楽劇場では文楽公演記録映像配信の第8弾として「双蝶々曲輪日記」(平成26年11月上演)を国立劇場公式YouTubeチャンネルにおいて、9月30日までの期間限定で公開いたします。

贔屓筋の息子とその恋人の遊女を救うため人を殺めた関取の濡髪長五郎は、実母の住む京の八幡にやってきます。母は南方十次兵衛の後妻となり、義理の息子与兵衛とその妻おはやとともに暮らしていました。母とおはやは長五郎を歓迎しますが、郷代官に任命され亡父の名を継いだ十次兵衛から長五郎が捕縛の命が下されていることを知らされます。おはやが咄嗟の機転で引窓(屋根に取り付けられた窓)を閉め、手水鉢に映る長五郎の姿を隠します。二人の様子から事情を察した十次兵衛は、それとなく逃げ道を伝えます。兄の情を感じた長五郎は十次兵衛に捕らえられる覚悟で十次兵衛と対面しますが、十次兵衛引窓の縄を切り、差し込む月光を夜明けに見立て、「夜が明けたなら自分の役目は済んだ」と言い、長五郎を逃がすのでした。

【公開期間】
令和2年9月30日(水)12:00まで(予定)

【動画を視聴する】 (動画共有サイトYouTubeへのリンクです)
◆双蝶々曲輪日記 八幡里引窓の段(やわたのさとひきまどのだん)
https://www.youtube.com/watch?v=LxqfrHMFN5k


※国立劇場公式YouTubeチャンネルに登録することで、新しい動画が公開された時に通知を受け取ることもできます。「チャンネル登録」ボタンは、動画の下とチャンネルページに表示されます。

※動画視聴に伴う通信料については、お客様のご負担となります。

〈「国立劇場」公式YouTubeチャンネル〉
https://www.youtube.com/c/NationalTheatreTokyo

〈「国立劇場」公式Twitterアカウント〉
https://twitter.com/nt_tokyo

本動画について一切の無断複製・無断転載を禁止いたします。

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内