日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 国立文楽劇場で「親子で楽しむ舞台裏方体験」を開催しました!

国立文楽劇場

トピックス

国立文楽劇場で「親子で楽しむ舞台裏方体験」を開催しました!

 国立文楽劇場では、8月18日から20日の3日間「親子で楽しむ舞台裏方体験」として親子を対象に文楽劇場の舞台に関する様々な体験をしていただきました。
 ご参加の皆さんには、職員の案内のもとお互いに距離を保ちながら感染予防のためにマスクや手袋等を着用し、音響・照明・迫りや廻り舞台など様々な仕組みを体験していただきました。また、文楽人形の実演を間近で見るとともに、首(かしら)・かつら床山・衣裳の実物をご覧になりながらお話を聞くというプログラムでした。短い時間でしたが、素敵な夏の思い出になりますよう、劇場関係者一同、心をこめておもてなしいたしました。

デモンストレーション デモンストレーション
舞台機構のデモンストレーション

大道具体験 大道具体験
大道具の体験

音響の体験 音響の体験
音響の体験

照明の体験 照明の体験
照明の体験

人形の解説 人形の解説
人形遣い(吉田勘市さん)による解説 / 主遣い:吉田勘市さん 左遣い:吉田和馬さん 足遣い:吉田玉征さん

かしらの解説 かつら床山の解説 衣裳の解説
かしらの解説 / かつら床山の解説 / 衣裳の解説

 かねてから文楽をはじめとする伝統芸能に興味のあった方からは、
「徹底したコロナ対策で、終始安心して参加することができました。」
「舞台の上に上がらせて頂いたり、お人形を近くでみれたり、実際の機材に触れられたり、ここまでさせて頂けるなんてと親子でびっくりしながら大喜びしました。」
「舞台機構や人形のしくみなどを知ることで、文楽をより身近に立体的に感じ取ることができたように思います。」
「たくさんの方が裏方として働いているのがわかり、一層、文楽ファンになりました。」
などの感想をはじめ、沢山のお声をいただきました。
 ご来場の皆さんは、初めて、劇場で実際の舞台に使用される機構に接し、より文楽に親しみを持たれた様子でした。

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内