日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 伝統芸能講座「文楽の人形~人形展示のうら話~」のご案内

国立文楽劇場

トピックス

伝統芸能講座「文楽の人形~人形展示のうら話~」のご案内

日時 : 令和2年3月25日(水) 午後2時~午後3時30分(予定)
場所 : 国立文楽劇場3階 小ホール

<入場無料>

国立文楽劇場では、人形遣いの桐竹勘十郎師の監修・飾付により、三体のマネキンを使った人形遣いの実演風景の再現展示を行ってきました。
狐忠信(平成27年/阪急百貨店)や雪姫(平成31年/文楽劇場資料展示室)の人形を遣う様子を表現し、ご好評をいただきました。
令和2年3月からは、東京国立博物館(表慶館)の特別展「体感!日本の伝統芸能-歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界-」(下記参照)で再現展示を行います。
今回の講座は、表慶館でも飾付を行う勘十郎師を講師に、その模様をおりまぜながら、感情を表す型や三人遣いの役割などを解説し、文楽人形の表現に関する理解を深めていただきます。

講師

 桐竹勘十郎(人形浄瑠璃文楽座人形遣い)

応募方法

往復はがき、または電子メールのいずれか1通のみとします。

応募方法 往復はがきの場合

[往信]に伝統芸能講座「文楽の人形」参加希望とご記入のうえ、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を、[返信]には必ず郵便番号・住所・氏名(返信宛先)をご明記ください。

電子メールの場合

メールタイトルに、伝統芸能講座「文楽の人形」参加希望とご記入のうえ、本文には必ず郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号をご明記ください。
(おおむね一週間以内に、メール受信のお知らせを返信いたします。)

募集人数

140名様

  • ※入場は当選者ご本人1名様のみとさせていただきます。
  • ※ご応募多数の場合は抽選となります。結果は返信はがき、または返信メールでお知らせいたします。
締切 令和2年2月28日(金)必着
宛先・問合せ先 〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-12-10
国立文楽劇場 「伝統芸能講座」係
電話 06-6212-5543
(午前10時~午後5時:土・日・祝日を除く)
応募用メールアドレス suishin-nbt@ntj.jac.go.jp


【ユネスコ無形文化遺産 特別展「体感!日本の伝統芸能-歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界-」】
会期:令和2年3月10日(火)~5月24日(日)  会場:東京国立博物館 表慶館
主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、東京国立博物館、文化財活用センター、読売新聞社
※詳細は、展覧会公式サイトをご覧ください(クリックすると外部のサイトへ移動します) 
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/dentou2020/

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内