日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 令和2年(2020年) 国立文楽劇場のお正月

国立文楽劇場

トピックス

令和2年(2020年) 国立文楽劇場のお正月

1月3日(金)に開幕する初春文楽公演では、お正月の様々な催しを行う予定です。ぜひご観劇とともにお楽しみいただき、初春のひとときを国立文楽劇場でお過ごしください!

●初日鏡開き [1月3日(金)・第1部開場前・劇場正面]
 出演者ほかによるご挨拶に続いて、文楽人形による鏡開きを行い、お客様に樽酒のお振る舞いがございます。また、鏡開きの前には、黒門市場様が縁起物の「にらみ鯛」をお届けくださる予定です。

●手ぬぐいまき [1月3日(金)~7日(火)・各部の幕間・2F客席]
 舞台より出演者が手ぬぐいまきを行います。手ぬぐいは、子年にちなんだオリジナルのデザインです!
 なお、この手ぬぐいまきの手ぬぐいと色違いのもの(限定数)を初日より劇場内売店にて販売いたします。なくなり次第終了ですので、お求めはどうぞお早めに!!

●十日戎 [1月10日(金)・第2部開演前・1Fロビー]
 今宮戎神社の「十日戎」にあたり、福娘から劇場に福笹が授与されます。


新春を寿ぐ初春文楽公演は1月3日(金)から26日(日)まで。※15日(水)は休演です。

皆様のご来場を心よりお待ちしております!!

  • 歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内