伝統芸能情報館

鑑賞会・講座を調べる

1.伝統芸能講座のご案内

日程 不定期(年4回)
定員 120名(往復葉書による申込制。応募者多数の場合は抽選)
料金 無料
会場 伝統芸能情報館3階レクチャー室
お問い合わせ先 資料サービス課図書・資料係 TEL 03-3265-7061(直通)


第74回伝統芸能講座

六代目中村歌右衛門に師事して

昭和から平成を代表する六代目中村歌右衛門の至芸は、今も多くの人々の胸の内に鮮やかに残っています。今回の講座は、歌右衛門丈に入門し、国立劇場歌舞伎俳優研修修了者から初の幹部昇進を果たした中村歌女之丞丈を講師にお招きします。弟子として学んだこと、修行のこと、そして歌右衛門丈の思い出を、公演記録映像を交えてお話していただきます。
日時 令和元年7月31日(水)午後2時~ (午後3時30分終了予定)
講師 中村歌女之丞(歌舞伎俳優)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)/受講無料
応募締切 令和元年7月8日(月)当日消印有効 ※申し込みは締め切らせていただきました。
応募方法

往復はがき1枚で1名様(重複応募分は無効)

往復はがきの往信裏に①ご住所②お名前③電話番号④講座の日付➄講座のタイトルを、返信表にご住所とお名前を明記の上、下記の宛先にご応募ください。

〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
国立劇場資料サービス課「伝統芸能講座」係

※結果は返信はがきでお知らせします。お寄せいただいた個人情報は、今回の募集以外の目的では一切使用いたしません。

2.平成31年度上半期(平成31年4月~9月)公演記録鑑賞会

日時 毎月1回 午後1時開演(開場12時30分)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)
応募方法

往復はがきによる申込制。申込締切日は各回前月の10日(当日消印有効)。応募方法等詳細はこちら

料金 無料
会場 国立劇場伝統芸能情報館3階・レクチャー室
お問い合わせ 国立劇場視聴室 TEL03-3265-6479(直通)
回数日程申込締切日
(消印有効)
種別公演年月演目出演者
(○内は代数)
画像上映時間
462 4月12日
(金)
3月10日
(日)
演芸
(第2回特別企画)
昭和54年
4月
浪曲を聞く会
「荒神山裏話」
浪花家辰造⑦ カラー 37分

演芸
(第3回特別企画)

昭和54年4月 古典落語をきく会
「提灯屋」
「中村仲蔵」
柳家小さん⑤
林家正蔵⑧(後の彦六)
カラー 26分
29分
演芸
(第4回特別企画)
昭和54年4月 講談をきく会
「寛永御前試合・樋口十三郎」
寶井馬琴⑤ カラー 32分
463 5月10日
(金)
4月10日(水) 歌舞伎
(第115回)
昭和57年
3月
「南総里見八犬伝」

尾上梅幸⑦
市村羽左衛門⑰
尾上菊五郎⑦
市川海老蔵⑩(後の團十郎⑫)
河原崎権十郎③ 他

カラー 155分
464 6月14日
(金)
5月10日
(金)
文楽
(第69回)
昭和59年
5月
国立文楽劇場開場記念
「菅原伝授手習鑑」
二段目 杖折檻の段~丞相名残の段

竹本越路太夫④
竹本南都太夫⑤
鶴澤燕三⑤
鶴澤清治
吉田玉男①
桐竹勘十郎②
吉田文雀 他

カラー 123分
465

7月12日
(金)

6月10日
(月)
文楽
(第69回)
昭和59年
5月

国立文楽劇場開場記念
「菅原伝授手習鑑」
三段目 茶筅酒の段~四段目 寺子屋の段

竹本津太夫④
竹本文字太夫⑨(後の住太夫⑦)
竹本伊達路太夫(後の伊達太夫⑤)
竹澤團七
野澤勝平(後の喜左衛門③)
吉田玉男①
桐竹勘十郎②
吉田簔助③
吉田文雀 他
カラー 182分
466 8月9日
(金)
7月10日
(水)
演芸
(第14回特別企画)
昭和55年2月 「おすわどん」 桂歌丸 カラー 24分
演芸
(416回特別企画)
平成23年10月 桂歌丸芸歴60周年を祝う会
「座談」「井戸の茶碗」

「座談」桂歌丸/三遊亭円楽⑥/三遊亭小遊三
「井戸の茶碗」桂歌丸

カラー 25分
39分
演芸
(平成25年8月定席)
平成25年8月 「語り直して真景累ヶ淵 お熊の懺悔 最終話」 桂歌丸 カラー 45分
467 9月14日
(土)
8月10日
(土)
歌舞伎
(第148回)
昭和63年
4月
<特別公演記録鑑賞会>
お話「その日の髪結新三」

「梅雨小袖昔八丈」

中川俊宏(武蔵野音楽大学教授)

中村勘九郎⑤(後の勘三郎⑱)
河原崎権十郎③
中村橋之助③(現 芝翫⑧)
中村又五郎② 他

カラー 45分
(予定)

134分

伝統芸能情報館 コンテンツ