国立能楽堂

トピックス

【開場35周年記念】スペースオフィスによる物販・イベントを行います(12月22日特別企画公演)

  12月22日(土)の特別企画公演では、「明治150年記念 苦難を乗り越えた能楽」と題して、能楽が明治維新の苦難を乗り越えてきたことを象徴する国立能楽堂所蔵の装束を活用して、狂言の佳作「呼声」と能の大曲「道成寺」を上演いたします。
  当日、国立能楽堂2019年卓上カレンダーをはじめとした、国立能楽堂オリジナルグッズのデザインを数多く手がける画家・イラストレーターの時松はるなさんと相方のかめうみさんからなるユニット、スペースオフィスによる物販とイベントを、ロビーにて開催いたします。
  物販は、国立能楽堂開場35周年を記念して作成した、時松はるなさんによる道成寺のイラスト入りトートバッグを始め、国立能楽堂オリジナルグッズに加えて、スペースオフィスが作成した楽しい能楽グッズも、作者自らが販売いたします。


国立能楽堂オリジナルトートバッグ:税込1,000円

国立能楽堂2019年卓上カレンダー:税込600円


  またイベントといたしまして、スペースオフィスが作成した、楽しい能楽イラストによる顔はめパネルと面パネルをご用意いたします。ご来場の記念写真撮影に最適ですので、是非お立ち寄りください。
加えて、顔はめパネル、面パネルを使った写真をその場でSNSに投稿していただいたお客様に限定で、スペースオフィスによるオリジナル能楽ポストカードをプレゼントいたします(当日限り)。詳しくは、以下の資料をご覧ください。

               


投稿プレゼントは当日、その場限りとさせていただきます。
  後日の投稿や場を離れての投稿にプレゼントは差し上げられません。
  ご注意ください。

※投稿には必ず「#スペースオフィス」を入れてください。
※ # はハッシュタグと読み、言葉の後ろに半角スペースが必要です。

●スペースオフィスとは……
  絵描きの時松はるながイラスト、アイデアを能楽好きのかめうみが担当し、「能楽に興味はあるけど難しそう……」という方にも気軽に触れてもらう機会とすべく、能楽グッズなどを展開中。国立能楽堂では記念グッズや卓上カレンダーなどを作っています。

●国立能楽堂グッズはスペースオフィスの通販ページ(スペースオフィス)でも販売しております。